部長・課長は偉いのか?


課長・部長はえらいのか?

いつも偉そうにしている課長・部長はえらいのか? 役職は、沢山さるけど、どんな順番なのか?            そんなことに答えていき

本日の記事のテーマ

・部長・課長など役職ってえらいのか? 役職はどんな順番?

 どれだけあるの? に答えていきます

本日の内容

・部長・課長は偉いのか?

・部長・課長など役職と、

 種類と序列                         

・部長はなぜ偉いのか?

最初に結論から答えましょう
「部長・課長は偉いのか?」

 結論からいいますと、「部長 課長は、 偉いです」

役職の序列(一般)
会長(CEOとも呼ばれる)
社長(COOとも呼ばれる。業務執行責任者)
専務
常務
取締役
執行役
部長
部長代理
次長
課長
課長代理
係長
主任
こんな感じです。
名刺をもらったら、しっかりと確認していきましょう!

 偉い理由は、
 お客さんに対する影響度=決済できる範囲が大きい
 社員に対する影響度=人事件 つまり 評価や昇進など
 異動権限があります
 ・お客さんに対する影響度は、お客さんとの交渉時 値段や必要な
  人財をプロジェクトへの投入など、決定権です。これも一般社員に
  はないことです
・人事権は、一般の社員にはありませんよね?
 仮に「あなたがあの人がダメ!」としても部長が「良い」とすれば
 良い結果に
 となります。これが人事権です。

 以上のように、一般社員にはない決定権があることが、「偉い」の
 根源です!