部長と課長の違い


部長と課長の違い

 

 

部長と課長2部長と課長 自分の部署にいるけれど、正直誰がどれだけ偉いのか分からない。

今回は、部長と課長の違いについて説明します

 

本日の記事のテーマ

・部長と課長の違い

 
☑今回の内容
・部長と課長の違い
・役割 役職の違い
・部長と課長どっちが偉い(参考リンク)
 

こんなことに答えていきます

 

1.部長と課長の違い
 部長と課長違いは、「経営者」と「実行者」
  ①部長は、戦略をたて、その戦略の一部を課長に任せる
  戦略=経営  部長は経営者 課長は任せらた一部の実行者
  戦略とは、各年度もありますが 2年から3年のスパンで  
  計画をたて、その計画の一部を課長へ実行を任せます。
  役責においては、課長は自分の課のみになりますが
  部長は、部全体および経営者としての責任を担います。 
  例えば、課長ですごくできても視野やものの考え方が
  狭い人は、いわゆる 「大課長」となります

 

  今日はここまです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。