部下への指導方法


部下への指導方法

 

部下へ指示

 

 

本日の記事のテーマ
・部下への指導方法
・部下への指導のこつ

 

 
☑今回の内容
・指導の際、注意する点
・部下への指導をどのようにすれば理解されてるのか?
・部下への指導をどのようにすればいいのか?
・指導のしすぎで部下が「うつ」にならないようにする

こんなことに答えていきます

 
☑「部下への指導方法」
 
「①指導時の注意点納得感が必要」
 
納得感とは、理屈です。頭ごなしの命令は、今の解決だけになります。
命令だけでは、行動はかわりません。従っているだけです
また注意する点として、怒りの感情を言葉に乗せないこと
怒りの感情を乗せて、指導すると相手に移って反感の感情が相手に残ります
感情を乗せた瞬間に、指導が「パワハラ」になります。
理屈と理詰めを間違えなこと
理詰めは、「パワハラ」です
「②部下への指導をどのようにすれば理解されてるのか?」
 
具体的な内容で説明をする
例えば、報告するタイミングはいつ報告するのか? いつとは?具体的には曜日や時間メールでなど報告方法
報告の内容は、何を知りたいのか?の具体的に指示をしましょう
 
「③指導のしすぎで部下が「うつ」にならないようにする」
 
・簡単にできると思ったことが実は、意外と時間がかかる時
できないことを責めないこと。できない理由を聞いてください
あなたが部下のキャパシティをを理解できておらず、
指示した作業以外にも仕事があり
時間がさけず、あなたが想定するアウトプットがでない状況の可能性があります
どれくらいの稼働状況かなどを理解できていない可能が高いので
下記のような対策をやってみましょう
 
対策:一度、部下の作業状況 何をやっているのか? 
   本人の作業優先度や作業量(時間)見通しを確認してみから
   作業のスケジュールを考えみてください
 
部下へ指導する際、今日のゴールはここまであることをはっきり宣言する。
言いっぱなしで、指示を受けた側が家にかえっても明日なんて言われるか?心配になるような状況をつくならいことです。
ミーティングの最後に 「今日はここまで、明日はここから始める。」と宣言して終わること。
部下が「うつ」になる上司の特徴:
指示を出し方が中途半端で投げっぱなし、終わりが見えないことが原因です。
部下の常に緊張状態にするとが起因していることが原因です。
部下を鬱にするケースは具体的には下記のようなやり方です。下記に抑止ポイントを書きます
ミーティングの終わりに、特に夕方最後のミーティング ダメなところを指摘
仕事の区切りをつけない上司です。
今日はここまで、明日はここから始めよう!といえば
部下は安心してねることができます。
・仕事の区切りはとは 今日はここまで 明日ここからを明確に宣言することです
・言いっぱなしの上司だと部下はゴールもみえず、家に帰って
 布団に入ってもいつでも仕事のことしか考えることがでない状態になると、
 部下は、うつになりますので、上司の人は指導の区切りに細心の注意
 をはらってください。

   逆に部下からみてやりずらい上司はどんなタイプなのか?

   部下を持った際、読んでみてください

 

  使えないな上司への対策

   https://wp.me/p7HSy9-uG

 

以上読んでくれてありがとうございます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください