「部下への指示の仕方」教えます


「部下への指示の仕方」教えます

部下を持っている、もしくはこれから持っているけどなかなか指示通りの結果がでない。部下の成果でなくて自分の評価もままならい。

本日の記事のテーマ

・どんな指示だと部下は動くのか?
・「部下を指示」通り動かすこつ

今回の内容

・部下に対して、指示をしても、違った行動をする
・行動漏れをする
・上司として恥じをかかないようにする
・部下がうつにならないようにする

こんなことに答えていきます

どんな指示だと部下は動くのか? 

部下が動く指示だしの手順
①部下へ指示したい内容を細い「手順」に分ける
②それぞれの手順の成果を明確にする
③それぞれの手順のどのような順番で
 行うのか? スケジュールを明確にする
④特に重要!「指示を受ける部下」のその他の作業がないのか?
 そのスケジュールを変更するようなことがないのか?を確認する
④報告するタイミングを明確にする

「部下を指示」通り動かすこつ

部下の人は、あなたの指示ができないのでなく、下記のようなことを考えてみる必要みて。

◇指示が理解できないもしくは、あなたの指示の結果のイメージと

 実際部下がやった結果が異なっている。

対策:あなたは具体的なアウトプットのイメージや

   作業の進め方やマイルストーン毎のアウトプットを

   具体的に伝えみる

◇簡単にできると思ったことが実は、意外と時間がかかり

 あなたが部下のキャパシティをを理解できておらず、

 指示した作業以外にも仕事があり

 時間がさけず、あなたが想定するアウトプットがでない

 どれくらいの稼働状況かなどを理解できていない可能が高いので

 下記のような対策をやってみましょう

 対策:一度、部下の作業状況 何をやっているのか? 

    本人の作業優先度や作業量(時間)見通しを確認してみから

    作業のスケジュールを考えみてください

そのうえでで、下記の手順ですすめましょう

手順1
部下へ指示を出す内容を 細かい手順に分ける。
本人とどのような順番でやるのか明確にしていきます
目的は、この作業を通じて、具体的な作業の流れを理解してもらいます

「ポイント」

これは、部下のうつ予防につながります

部下が「うつ」になる上司の特徴は、指示を出す側が十分に 作業の内容を理解していないことと 部下の作業状況を理解していないことに起因していることが 大半です。 

下記に抑止ポイントを書きますのでしっかりと確認していきましょう!

・部下をうつにするだめな上司は、夕方帰り際にダメなところを指摘して
 仕事の区切りをつけない上司です。
 今日はここまで、明日はここから始めよう!といえば
 部下は安心してねることができます。

・仕事の区切りはとは 今日はここまで 明日ここからを明確に
 指示だせることです 

・言いっぱなしの上司だと部下はゴールもみえず、結果一日中仕事のことしか
 考えることができず。

 部下は、うつになりますので、上司の人は指示の出し方に注意してください。

手順2 
部下へ指示を出す内容と 手順の成果を明確にする 目的は、この作業を通じて、
具体的に何を出せばいいのか? 何をつくるのか? もっとえいば、
どのように形にしていくか?
がわかります

手順3
それぞれの手順のどのような順番で
 行うのか? スケジュールを明確にする

いつまでに、どのようなアウトプットをだすか?
できれば、ミーティングスケジュールもきめておきましょう
ここでは、下記のことを確認しましょう
・作業をする人に、他に仕事がないか?
・何がわからないのか?

以上読んでくれてありがとうございます。