「部下への指示の仕方」教えます


部下への指示の仕方 を教えます

・部下に対して、指示をしても、違った行動をする

・行動漏れをする
・上司として恥じをかかないようにする
・部下がうつにならないようにする

こんなことに答えていきます

本日の記事のテーマ

・「部下のいる人」言っていることが伝わらない
・「部下への指示仕方を教えます」

どんな「部下への指示の出し方」だと部下は動くのか? その方法

部下があなたの
①部下へ指示したい内容を細い「手順」に分ける
②それぞれの手順の成果を明確にする
③それぞれの手順のどのような順番で
 行うのか? スケジュールを明確にする
④特に重要!「指示を受ける部下」のその他の作業がないのか?
 そのスケジュールを変更するようなことがないのか?を確認する
④報告するタイミングを明確にする

「部下を指示」通り動かすこつは

部下の人は、あなたの指示をできないのでなく、

大半の場合、指示が理解できないもしくは、あなたのイメージする

結果が異なっていることもしく、

あなたが部下の現状、どんな仕事を今していて

どれくらいの稼働状況かなどを理解できていない可能が高い

ので下記の手順ですすめましょう

手順1
部下へ指示を出す内容を 細かい手順に分ける
作業について、本人とどのような順番でやるのか明確にしていきます
目的は、この作業を通じて、具体的な作業の流れを理解してもらいます

部下が「うつ」になる上司の特徴は、指示を出す側が十分に
作業の内容を理解していないことと
部下の作業状況を理解していないことに起因していることが
大半です。 しっかりと確認していきましょう!
手順2
部下へ指示を出す内容と
手順の成果を明確にする
目的は、この作業を通じて、具体的に何を出せばいいのか?
何をつくるのか?
もっとえいば、どのように形にしていくか?がわかります
手順3
それぞれの手順のどのような順番で
 行うのか? スケジュールを明確にする

いつまでに、どのようなアウトプットをだすか?
できれば、ミーティングスケジュールもきめておきましょう
ここでは、下記のことを確認しましょう
・作業をする人に、他に仕事がないか?
・何がわからないのか?
手順4 
報告するタイミングを明確にする 
ここでは、あなたそれぞれのタイミングで「何をしりたいのか?」
を明確にしてください 
できない部下を動かせない人は、ここがうまくいっていません。

以上読んでくれてありがとうございます。