転職者の悩み



転職するかどうか 悩みますね


転職するかどうか?みんあとても悩みます。

他方、何回も転職を繰り返す人もいます。

その違いってなんでしょうか?

慣れた人は、スキルを付けるため 年収を上げるための道具として

会社を使います。

そんな人に会社も長くいることは期待していません。

転職を決断できない人は、就社と思っていると踏ん切りがつきません。

転職後の条件も転職を阻みます。

転職して年収維持できるか?

このあたりも転職する際、気にします。

はっきり言いますが、日本の会社は、勤続年数も給与に加味されているので

一般的には年収は下がります。

よく転職サイトで年収が上がった話が記載されていますが、

年収アップする人は、そんな媒体はつかいません。


転職後、年収アップや維持は期待していないでください


一旦は下がるかもしれませんが、あとはどれだけ必要とされるかで

年収アップも夢はではありません。これは事実です。

自分がもし、転職先の採用担当で、どんな基準で採用するのでしょうか?

なぜこの人は、転職をしようとおもったのか?

転職理由は、本当なのか?

本当にこの年収に相応な活躍をしてくれるのかな?

当社の社風にあうのか?

大丈夫かな?

と思いますよね


あなたの目の前にいる、採用面接担当者は、

あなたが、面接担当者となった時と、同じ気持ちなのです。


転職する際、自分の一方的な思いで転職理由を考えないで、

採用は、相手にニーズがあって、自分の貢献できることがあって、

初めて成り立つことを忘れないでくださいね。

採用面談の時、相手が根掘り葉掘りききたがりますよね

あんたからすると、なんでそんなことを質問するのだろうと

思うこともあるかと思いますが、それは相手があなたのことを

知りたいと思うことが質問につながっているので、そのことを

理解して回答してください。

あなたは、採用されるかどうかは、相手があなたの条件ではなく

どの条件だったら必要とするかどうか? だけです。

条件ではないものがありませす。


この人だったら、

一緒に仕事ができそうだと思われることです。


一般的には、人柄と呼ばれるますが、こればっかりは

笑顔や受け答え、仕草、などを通じて、面談の中できっとだせると思います。

この、人柄は社風に合うかの判断する時、とても重要な材料になります。

こればっかりは、生きてきた人生がそのままでることでもあるので

意外と面談の時、重要視しています。

ある会社の面談では、酒を飲めるかどうか との基準があるそうです。

とても分かりやすい基準ですね

今日は、これから転職することを考ている人の夢を壊してしまうような内容ですが

最後まで読んでいただきましてありがとうございます。