営業のプログラミング勉強方法


営業のプログラミング勉強方法

今は、営業やってますが、これからはプログラミングができるようにたいけど、「できるか?」「できないのか?」に答えましょう!

本日の記事のテーマ

・営業職が初歩から始めるプログラミング勉強方法


今回の内容

・営業がプログラミングができるのか?

・営業プログラミング勉強方法(プログラムを独学で学ぶサイト)

・プログラミングとは?

・営業がプログラミングができるよになってよかったこと

こんなことに答えていきます

今回の内容は、実際に私の営業職の友人が、プログラミングをマスターするまでの実際の内容をもとにかいています。

「営業にプログラミングできるのか?」
 結論からいいますと「できます」

「 営業がプログラミングをできる理由は簡単」
 プログラミングには、適正や大学の学部に関係なく
 勉強した人ができる。
 最初からプログラミングができる人はいない!
 今、あなたが営業職だろうが経理だろうが今の職種は
 関係なく 「できる」 これが答えです
  


 ではどのように始めるか?

 について続けていきます

「営業のプログラミングの勉強方法」
 どのように学べば良いか?
 今は便利な時代です。ネットでプログラミングが学べます。

1.道具の確認つまり プログラミングをするにあたり
   どんなパソコンを準備すれば良いのか? 
2.学習サイトへの申し込み
    どんなサイトを選んだら良いのか?

1.道具の確認

  営業職の人でありがちなのが、会社のPCはあるけど 個人のPCがない人がいます

  会社のPCでは、ソフトのインストール  閲覧サイト制約があるとこともあるので

  個人のパソコンがない人は、まず自分のPCを買いましょう。

  パソコンの選び方は、 動画をアップして稼ぐなどで稼ぐ目的がる人は

  windows 「13インチ」以上 メモリー 16G以上 (動画なら32G)以上

  が必要です。

  これから始めるのでまずは、できるけ投資を抑えてたい。 お金がない人は

  3年から5年前のパソコンで十分です。中古やオークションで買うのも手です。

  3年から5年前のPCでも 「Core i7」「Core i5」 と記載があり

  メモリ― 16Mくらいのものであれば、十分です。

  CPUは、できれば64ビットお勧めしますが、32ビットでも本当に十分です。

      自分の懐にあった、マシンを購入しましょう。

2.学習の開始

  どんな言語から始めるか?

  なにも決まっていならWEBで使っている言語を勉強しましょう。

     JAVAは、少しプログラミングに慣れてからにした方が良いです。

    構文など、日頃利用しないものがあり、難易度が高いです。

 WEB開発言語は、選ぶ理由のもう一つの理由は、学習サイトも充実いしている 

 では、どんな言語がいいか? 

   「Ruby」「JavaScript」「CSS」 が良いかと思います 

     特に「Ruby」は、最近採用されるケースが増えているので、

    何をするにしても始めるにには良いですね。

 「JAVA系」は、企業の中で利用されている言語なので少し勉強が大変です。

     「簡単」と「難しい」の判断基準は、英語などの言語に近いかもしくは違う何かを

    さらに追加で学ぶ必要があるか基準に考えました

  独学で始める人が多いとおもいますので、下記がおすすめなのでやってみましょう

おすすめの理由は、「無料」であること

スライドが多く理解しやすそう を基準にリストアップしてます

始めてみましょう!

プログラムの学ぶ方法
プログラムを独学で学ぶサイト
オンラインプログラミング学習サービス
『Progate』
サイトリンク 
https://prog-8.com  

このサイトの良いところ
 twitter のようなサービスができるよになる 学習のゴールが明確
 学習のステップが最初から明確になり、自分の学習ステップが
 分かりやすい
 
 学習言語も選ぶことができる
 PCならWeb、 携帯は専用アプリで勉強ができ、勉強するシチュエーションで
 選ぶことができることができるのが便利

RUBYの本家サイト
独学でも公式があればできる! そんな人は本家をご覧ください
日本語です
https://www.ruby-lang.org/ja/

学習用のURLはここ
https://www.ruby-lang.org/ja/documentation/quickstart/

ここから時間のある人は読んでください

プログラムとは何か?
簡単にいえば、言語です。
英語と算数を足したようなものです。
始めて、プログラムを覚える方は、英語を学んだ時と同じように
開始しましょう

プログラミングをマスタするために、必要なこと

新しいスキルを学ぶので、最初の基礎を学ぶフェーズは、ゆっくりと進めましょう

理由は、プログラム は動くようにするためにそのプログラムの約束事を守って

作る必要があります

残念ながら、この約束を守らないと 全くうごきません。

そのため、最初にこの約束事を覚えるまでは、ゆくっり進めて行きましょう

プログラミングができるよになってよかったこと

・営業している際、技術の人が同行しなくても、会話ができて
 仕事のペースが速くなり 評価があがった
  
・技術の人の言葉が理解できるようになります。結果、何が難しいのか
 分かりやすくお客さんに伝えることができます。
  技術の人からもお客さんから頼りにされるようになりました

・提案書にリアリティーがわいてきて、説得力がでてきた
  どのように実装するか?
  納期まで、どれくらいの期間になるのか?

・稼げるようになる(こっそり)
  副業したい人は、プログラミングができるとアウトプットが
  自分でだせるようになるので、稼げるようになります。

プログラミングでの稼ぎ方
・プログラミングができるようになると、ちょっとした
 作業で稼ぐことができるようになる

プログラミでの稼ぎ方

 稼ぎ方は、下記のようなやってほしいことがアップされています

 ので、参考にしてくさい。

 同じプログラミングでも大きく二つのものがあります

 ①依頼をされた、プログラムをつくってネットやメール等でできた仕事

 ②相手先の企業に訪問して、やりたいことを聞いてそれを作るもの

  案件によっては、発注先の企業い頻繁に行く必要こともあります

 当然①と②をくらべると②の方が高いのですが、時間の自由を

 考えると ① の案件を探してみましょう。

 ランサーズなどの案件探しなら

 Web制作・Webデザインの出品中のサービス

 「https://www.lancers.jp/menu/search/onSales/web」です

      時間単価 3000円くらいで難易度によって違います

  腕を上げたあかつきにには、こんなパターンもるでしょ

  「営業独立(フリーランス)」

  がんばってみましょう!

  今日も最後まで読んでいもらってありがとうございます。