成長する企業と成長しない企業の違い



成長する企業と成長しない企業の違い


統計情報を見ると、大企業とは 会社の数でいくと 20%程度のこりは中小企業とのこと

最初は、どの企業も中小企業からスタートするが 大企業と呼ばる企業まで

成長する企業 と 成長しない企業の違い とはなんだろうか?

もっと言えば、同じオーナー企業の中小企業とソフトバンク 1代でここまで大きくなる

企業と大きくならない企業の違いはなんなのか?

違いを生む違いがかならず ある と思う

根本的な違いは、1部上場企業になった オーナーは 必ず 大きくなることを最初から

決めている。

大きくなる=成長が安定する方法だと考える

大きくなるには、自分の分身 経営者を育てる

大きなっても会社を運営できる組織と役割をつくる必要がある。

経営を図る指標は、数字 損益(BS P/L) である

この考え方だけは、全く同じであることに気がついた

例として、エンジンニア会社でも、 エンジンニアを育てるのだと思いっていたが、

経営者を育てるといってます。

なぜ、  例えば IT会社なら プログラマーを育成すれば

儲かると考えてしましがちですが、経営者となのか?

そのためには、経営者とエンジニアの役割の違いを理解する必要があります。

私の考え方は、エンジニアと経営者のあり方の違いは、

ITのエンジニアは、ある条件下 目的の中で稼ぎを生み出す役割

経営者は、稼ぐ仕組み もっといえばどのような条件が稼げるのかを

考える人のようなものと定義しています。

この違いが理解されないと、今稼ぐエンジニアばかり育て

将来何を稼ぐかを作れない会社になってしましまと考えます。

次に面白かったのが、伸びる会社で特質する点失敗にした時に賞罰です。

やりたいとおもって ダメかもしれないがやらせてみる

やった失敗に対しての寛容さ 、 やってみて失敗しても すね傷

跡は残るが大したことでない。

ある会社は、賞与の最大5%までなどはっきりしているので

安心してチャレンジできる。

失敗した人が社内に残ってその経験を社内で活かせる仕組みです。

もしかしたら、自分の会社の力がどんなものか 理解しているから

かもしれません。

目指すは、高きところでも、自社の社員力など今の自分の力を理解している。

次に今、お金を産んでいのはどこか?

そこが稼ぎやすいように経営をしています。


現場に近いところで、経営をする


会計年度の1年やプロジェクトなど短期を運営をする。これを現場。

その現場が稼ぎ安さいよに経営がサポートしています。

仕組みを変えたり、アライアンス組んだり。

会社全体でやることは経営で行い。それをつかって稼ぎだす。

会社単位で取り組むこと

2年や3年など中長期のは経営が担当する

短期ではしっかり稼ぐ。でも任せっきりにせず しっかり 掌握する。

現場へ、経営の優先順位の付託を理解して、運営させる。

しっかりと現場が稼げる、そのたには、中間層でしっかりして運営できるようにする。

さらに、長期の計画も見据えた行動ができる会社が=伸びる会社だと思います。

 こんな会社をうまく見つければ、株を買ってもいいかなと思いますね。

買っちゃいけないダメな会社の見極め方は、相談を持ち帰る会社

持ち帰る傾向が非常に強いは、上司に相談ってなり、必要な権限を持っていない

見せかけの役職ってこともありますから。その当りがみえると

分かり安いとおもいます。

こんな組織は、現場が決められないので、だんだん組織全体で無責任になっていきます。

ダメな会社は、経営者が数字だけをみて 現場の状況を理解できておらず

マンパワー ・キャパ 等が不足しているのかが感覚的に理解できていない。

論理上はいけそうだが、数字にはみえない 現場での作業

例えば、「不良は現場では 0 にはできないにもかかわらず 0を 前提に計画」

を立てている。 など 数字が何を表しているのかが分からない経営者が

上がっていくと、破綻します。

現実をみたものとなっていない、間違った前提に立った計画をもとに

作成されているが その間違った前提を経営層が見抜けない

数字が現場を示す数字ではくなく、 上司を満足させる道具になってきます。

最近、そんな会社が増えているかもしれませんね

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。