上司にうんざり



上司にうんざり


上司にうざリしてませんか?

以前自分が進言した意見をだめだといっておきながら

ある日突然、前言をひっきり返すように、自分が進言した意見を、

自分が言ってた意見を自分の意見のように言っている。

その時の気持ちおっさしします。

うんざり、むかつく、もしかしたらまたかと なのかもしれません。

そんな上司の下で会社をやめたいと思いことがあるかもしれませが

残念ながら、ほとんど もしかしたら 上司の全員はそんな感じなので

もし、それが理由で会社をやめようと思ったのなら、辞めることをやめましょう

もしあなたが、それなりキャリア・立場をもらっているならばなおさらです

 もしかしたら、あなた自身が上司と同じことやってませんか?

上司は、何人の部下を管理しています。

あなたも、その上司の何人かいる部下の一人ですよね?

常に上司は、自分なりのタイミンで判断して、その時に正しいかそうじゃないないか?

で判断しています。

あたなそうしていませんか?

上司は、決めることができるんです。

あなたよりも多くのことを決めることができる職権をもってます

単に職権を行使しているだけなんです。

だから、気にいらないからって会社を辞めるってことは考えず

自分のチームメンバーに向かって同じ気持ちをしなようにしましょう

つまり、意見を事実として残り、そのタイミングになったら

以前彼・彼女の意見としたあったことをこのような理由で

採用することにした。

そんな一言付け加えるだけで相手の気持ちがずいぶんちがいます

発言者としては、自分の意見が認められたことになります。

否定されたたのでも、意見を奪われたのでもなく

認められたことになります。

人間は、自分存在が否定されることが最大の屈辱的なことなので

そのことを理解して自分とチームをマネジメントすれば

かならずうまくいきます。

できない上司はほっておいて、自分のチームを作ることに集中しましょう