人が失敗する本当の理由



人が失敗する本当の理由


本当の理由は、その状態にとどまりたいことを本能が望んで時間を稼くため

自分を諦めさせるために、自分の潜在意識がそのようにさせている

失敗している間は、今の環境はかわらない

さらに、失敗している間の努力は、自分の中でも

やっている感があるので気持ちの中で満足がある

ある種最高の状態。

だから、人は失敗して満足をができる

失敗すれば、同じ状態で何回でも努力を繰り返して

その瞬間をたのしめる

だから人は失敗する

息をするほど、その結果をほしいと思わないかぎり人は

前には進まない

でも、努力している間は、結果はでていないけど

自分は本当に楽しい時間をすごしている

もう一つ、目標達成について面白いけど

笑えない話。

他人に目標のことを話すると失敗するってしっていますか?

人に話しをした瞬間

「なんだかそののぞみが達成されたような気になる」

疑似体験が伴うので、人に目標の話をしないほうが

いいそうです。

だから成功の秘訣は

環境を激変させて、その環境に自分をなれさせるようにする

人間は、環境になれるような仕組みになっているので

その仕組みを利用して、無理やり変化させる道もあります

みなさん 息を吸うようにその目標ほしいとおもっていますか?

今一度自問自答してみましょう

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください