思い通りの勘違い



思い通りの勘違い


人生の不思議

人生思い通りにならないと思った時、読んでみてほしい内容です

本日の記事のテーマ

人生は思い通りならない

そんな風に思ったら

少しそのその思い通りって、どんなものがか? 考えてみよう

どんな風に考えるか?

他人からみた時、その思い通りって本当にかなって大丈夫? って

例えば、こんな例、

「あの人は、なぜ私の意図した通りうごかないのか?」
「なんぜ指示通りのうごかないのか?」
「自分の周りの人が、なぜ察して動いて解決しないのか?」
「なぜ、私の指示をまっているのか?」

もっと言えば、「この悩みが、一晩ねている間に片付いしてくれている」

どうでしょうか?

こんなことを仮に第三者として、あなたが言われて時、どのようにおもいますか?

その思い通りが正しいのか?考えてみよう。

単なるの自分の都合でないか?

もう一歩踏み込んで、相手からみた時、その人はどのように思っているのか?

どうしてできないことを分かってくれないのか?

どうして私の思った通り動いてくれないのか?

相手も同じことを思っているのではないのでしょうか?

さらにいいますと、「”あなたがあとから聞いてない”」

  って言うから指示を待ってます

こんなことになってませんか?

結局思い通りになならにのは、あなたの我がままです

一度、あなたの「思い通り」を見直してみませんか?

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください