人生のおきたこと自体には、意味はない



人生のおきたこと自体には、意味はない


生きていると、人生には、本当に様々な事がおきます。

よさそうなこと、悪そうなこと

でもその意味付け方によっては、まったく見える風景が

変わってくる。特に悪いこと。

起きたその瞬間は、「あ!やってちまった」

「まただめだった」など瞬間的に考えています。

そです、「自動思考」がやってくる。まるで脊椎反応のように。。。

でも、ここから人間の凄い力

「いや違う」 この意味は….

本当の自分にとっての都合の良い意味づけをやればいい

例えば、「こんな目あった自分はすごい」

「こんなことができるのが、自分のすごいところだ!」などなど

無理のない程度に、書き直してやればいい

大きな失敗をしたかもしれない時ほど、書きなおすに限る。

脊髄反応だけに気持ちを任せたいたら、いつまでたってもつらいことばかりかもしれませんよ

今日も最後まで読んでくれてありがとう。