もっと休め、もっと売上をあげろ!



もっと休め、もっと売上をあげろ! 

やり方はしらんから自分達で考えろ!

でも金はださん 人もいない 


でも 給料は上げない 

こんな矛盾の中で 何に夢をもつのだろうか?

みなさんもこんな矛盾のある指示を言われたことありませんか?

 自分の夢のあるの仕事だったら、こんなことを言われてもなんとかしようと

思えます。

問題は、夢を見せて、その夢と同じ大きな山なのか?

それをを乗り越えると一つの夢が達成できる!

その絵または、地図を見せることができるか?

それがないと、たんなる社長のわがままと思われてしまします。

社長の仕事とはなんでしょうか?

 御客様からいただける売上を作るために、サービスを作る 人を作る 仕事を作る 

人を作るのは難しい、なんでもある今だから、夢のない今だから

戦後のなにもない時代なら、分かり安い夢がえがけたのですが

今は、そこそこなんでもある時代で、そこそこの生活をするならば

そんなにがんばらなくても良いと思える。

頑張って、どれだけ御客様が期待に応えられたかが、利益となっても

それは、会社の利益で自分の処遇には、数万円のボーナスになる程度

 新しいことやろうとしても、上司は失敗しないように

なるべく新しいことをやりたがらない

そんな中、我慢すれば将来約束されるわけでもない

結局年寄りを食わせるために働いていると思っている人も結構多い。

そこそこ食えればそれでいいや! そんな人多いのでなないでしょうか?

時代は、どんどんネットの時代になっていて

売れるためには、ネットを通じて知ってもらう必要があるが

年寄りにそんな話をしてもなかなか通じない

年よりの思い込みって結構重くって

なかなか新しいことができない

いきが詰まる、そんな世界にいつまでいなきゃならいのか?

今日も最後までよんでくれてありがとうございます。