管理職になったら



管理職になったら


 

部長と課長2管理職(部長 課長 係長)になったら仕事の内容を変えていくことが必要なので、なにを変えていかないといけないのか?の話です

本日の記事のテーマ

・部長と課長になったら変えないと
 評価が下がる仕事のやり方

今回の内容

こんなことに答えていきます

・具体的に何を変えてるのか? 
・仕事のやり方を変えないといけない理由
・部長と課長の違い(参考リンク)

1.具体的に何を変えてるのか? 

  変えないといけないのは、何を任せるか?

  ①管理職のやることは、「判断」です

  ②手を動かすのではなく、「判断」ができる状況を作る

  ③状態の中で正しい「判断」を行う

     つまり、いままでのように作業のアプトップとすることでないのです

2.仕事のやり方を変えないといけない理由 

  変えないとなにが起こる?

  ①結論から言うと、そのままだとあなたなすぐに

     降格か管理職は首です 

  ②首になる理由は管理職になると、部下を任されますが あなたが作業を

    やる限り、部下の仕事についての判断をするじかんがありません

    その結果、チーム全体のアウトプットがでないから首となります

 

3.部長と課長の違い 

  部長と課長の違いも参考にしてください

            何を判断をするべきかを乗せてます

           「部長と課長の違い」

             https://wp.me/p7HSy9-pj

 

今日はここまです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください