管理職になったら



管理職になったら


偉い 尊敬される は 幻想です

本当に尊敬されるのは、なったあとに、どれだけのことをやってきたかです。

管理職になった時、やった〜と思った人、これから何をしたら良いのかわからな人

悩むかとおもいます。

 しかし一番やらないといけないことは、動かなくなった事案やことがらを

動かすことです。

動かなくなったこととは、自分のチームがいろんな理由で進まなくなっこといいます。

部品が揃わない、人が揃わない チームの方向性がまちがっている

もっと難しい時、会社の仕組み ルールがだんだんと世の中と合わなくなった時、

ルールを変えるような提案をする


そんなことが管理職のしごとです。


自分の言った通りにする。

思った通りにする。

会社のルール通りにできているかどうか? を

見張る。

そんなことは、管理職の仕事ではないんです。

自分のチームがうまく結果がでているのなら

それが借りに自分の想像と違うなら

何がうまく行っているのか? その分析を

して、成功要因から他のチームでも活用して再現できるよにする

もしくは、成功ができような実験をやってみる。

管理職とはそんな仕事をする人です。