結果を求めすぎない



結果を求めすぎない


今度こそとがんばってみて、また失敗してがっかしている

あなたへ

何回やっても失敗した その結果にがっかりすること

私は結構うまくいかないことが多いのですが

そんな時、ダライ・ラマさんのこんなことをばを

思い出します。

「何事かに9回失敗したとしても、それでも、9回の結果を生んだだけではないか」

人間は、ついつい結果を強くイメージしすぎて、

その結果と異なる結果が出た時、過剰に反応つまり

がっかりしてしまいます。

人生、そんなに自分の思い描いたようなことっておきるのはずがない。

こんな状況になりたいとか「状態」のようなことは

おおまかになります。

最近、「成功の法則」とか読み直していると、確かにほしいものを

強くイメージすると願いが叶う となってるけど

その願い方が少し間違っていると思います。

年収がいくら?を目標とするよりも

状態を目指すこと 稼げる状態とか

年収1億稼げる状態をつくる

そのためにはどんなチャンレジをしていくか?

その中でいろいろと結果もでないこともあるけど

そんな時に一喜一憂しないで

淡々と状態をめざして進んでいく

人間はまよんでうまくいかないことがたくさんあって

きっと、思ったようにならないことの方が多い。

だからこそ、思い出してみよう

ダライ・ラマさんのことば

「何事かに9回失敗したとしても、それでも、9回の結果を生んだだけではないか」

亡命を余儀なくされて、その中で生きてることの言葉ですね 深い