仕事の考え方



うまくいかない仕事の考え方


一生懸命やっているけど結果がでない人っていますよね

その人みていると、一生懸命の方向が 自分だけをみてる。

一緒に仕事をやる人の成果とかが自分の頭にない。

仕事での成果の測り方の基本は、依頼をされた誰かが期待したことに答えるです。

自分の取り分だけを考える。

割に合うとか合わないとか自分目線になっている。

相手の期待値にちかづけるようにアウトプットしなしと、価値が不釣り合いになる

結果がだめっぽい 期待と合わないのでダメってなる。

価値の大きさって 100円ショップのようにそれほど大きくないけど

沢山の人に求められる、何かを提供するか?

ベンツのように、それ程沢山の(日本では多分そうだと思われる)人ではないが

高い対価を払ってでも欲しいと思ってもらえるか


価値がどれだけ必要にされるているのか?そのバロメーターだと思われます。


ただし、100円ショップは単なる100円の価値が持っている安かろう 悪かろう って価値を提供しているのではく

100円のもつ価値を圧倒的に越える価値を提供しているところが、すごいので 100円だからといって その程度の

価値を提供しているのでは、ダメみなさんも行かないですよね。

つまり、対価と価値は支払う相手が決めるもので、コストの積み上げではないってことも忘れてほしくない

確かにコストはかかります。

でも、その価値に支払える対価は、相手がここで払ってもいい と思えるものがあって

その価値に作ったり するのに原価がかかるのであれば、相手が納得できる線まで

原価を下げる努力をするのは、提供をするあなたにあるってこです。

テクノロジーの変化や社会の価値感が変わる中で価値は常に変化します。

その変化の常に先頭にいて、価値を創造し続けることが仕事の本当の価値だとおもっています。

欲しいと思っていも、世の中は 常に相手がします。

そのことから考えみましょう

今日も最後までよんでくれてありがとうございます。