独りで仕事をして、成功する方法とはこつとは何か?



独りで仕事をして、成功する方法とはこつとは何か?


暫く独りで仕事する機会があったので、その中で

独りで仕事をする難しいところは、どこか?

仕事で成功するこつって普通は、どんな仕事?

「どうやって成功するか?」などを書きますが、そんなことではないと感じています。

独りで仕事をすることを選んだ人は、ある程度自分の中に何か思いが

あって独りを選んだのだとおもいますから、そこはあえてかきません。

でも、お金を稼ぐ手段以外に独りで仕事で成功するこつとが

が他に必要なことがあるので、それが何かを今日を書いていきます。

まず、独りで仕事するメリットは何か?

独りで仕事するメリットは。完全に自分のペースで仕事ができることです。

自分のペースとは、働く場所、家でもカフェでも、なんなら沖縄でも

ハワイでも好きな場所でできます。

さらに、仕事の配分も一度にやりきるのか?、少しずつやるのか?

働く時間も、何時から仕事を始めて、何時にやめるのかなど

次に何を仕事のテーマに選ぶのかなど全て「自分の意思」です。

逆にデメリットは、この「自分の意思」となるので

うまくいく時にはいいのですが、やりきるためには

様々な誘惑を断ち切り、アウトプットを出し切らないといけないことです。

また、自分の意思だけになるので、やり方、仕事の内容・コンセプトなど、

外部の環境が変わっていくことに、自分自身で変化を見つける。

それで、自分自身で変わっていくことが、必要になります。

この変化を自分自身単独で起こすのは、大変難しいですね

変化を起こすためには、慣れてきた自分を手放すことを

しなければなりません。

変化を常にしている人なら良いのですが、

独りでできない時には、他人のサポートが必要になります。

独り仕事に慣れてしまっていると、だんだん一緒に仕事をやり、

意見をぶつけあい、自分の中での気付きがあって、

変わるきっかけとなります。

例えば、仕事のやり方、自分の中でこのようなやり方ど、自然と前提をおいているのです。

人と話すことで、新たなやり方を教えてもらえるかもしれません。

きっかけとがあっても、それを自分に取り込むまで、

同じように人から、きっかけをもらい続けてようやく

時間と回数を重ねて取り込めます。

次、人生良い時も悪い時もあります。

何ごともよい時は何もしなくてもよいのですが・・・

悪い時に独りでは乗り切れる人の違いは、

人は、自分独りでのエネルギーが下がっている

時、人からエネルギーをもらうのだと思います。

スポーツ選手が観客のいる場所と誰もいない場所で、パフォーマンスが全く違うのは、

人からエネルギーをもらえる証だと思います。

ですから人と話すだけでもいいですし、さらに うまくいっていない時に自分の話をして、

実はうまくいってるところを教えてもらえて、ダメと思っているところら浮上する

きっかけになるかもしれません。

仕事以外の話をして、笑い話をして気が紛れるかもしれません

なんだが癒やされる人と話をしているだけで

気持ちがほぐれるかもしれません。

人と合って話しをするって、自分にたくさんのエネルギーをもらえます。

人からエネルギーをもらえるのは、きっと原始時代より、

人は集団で生きてきた名残が脳に、植え付けれているのかもしれません。

この原始からある脳の仕組みに逆らって、独りで仕事をすることを

選んだならば、エネルギーをどのようにもらうか?つまり

人との接点の作り方。

自分なりの変化の作り方を意図的に作り、時代に取り残されない

ようにしましょう

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。