サラリーマンの確定申告 「副業会社がばれないようにする方法」


サラリーマンの確定申告

副業会社がばれないようにする方法

部長と課長2副業しながら、会社にばれいなようにするには、確定申告はどうするのか? せっかく小遣いかだこずを正しく確定申告する方法を説明します

本日の記事のテーマ

・副業の収入を、会社にばれずに「確定申告」する方法

今回の内容

・副業を確定申告にするにための事前作業
・申告方法

こんなことに答えていきます

1.副業を確定申告にするにための事前作業

  住民税の徴収方法を「普通徴収」(自分で納付)にする

  ①普通のサラリーマンは、通常給与以外所得がありませんから、住民税は給与天引きと

   なっています。

   別の所得があった場合、支払い先が「あなたに支払った」とすれば、

   あなたの所得が増えたこは、あなた住んでいる町や区に通知がいくので

   ここから給与以外の所得があることが会社にわかります。

    これを防止するために、「自分で住民税を収める」にチェックをしましょう

   会社に対して言い訳は、住民税は「ふるさと納税」のため控除対象を申告する

   もしくは、住宅購入ローンなのども確定申告をするので、このことを理由にしましょう

   今やサラリーマンが確定申告することは、普通のことなので怪しまれることなりません

2.、メルカリ、ヤフオクとかで自分や家族が使っていたものを売たら、「収入」になるのか?

  自分や家族が使っていたものを売った場合、

   「収入」にはなりません

  「せどり」などで「自分で使わない商材を見つけて

    繰り返し売る」ことは、当「副業」になります

  以上の違いに注意ましょう