副業が禁止の不都合な真実にはうんざり



副業が禁止の不都合な真実


副業がやりたい人って多いですよね

もっと 自由やせせてくれればいいいのにと思う人も多いのではないだでしょうか?

なぜ禁止をするのか、理由をおしえちゃいます。

会社からすると、社員=自分の会社ですべてを買っている 面倒を見ていると思っている

全部を買っているのに、だから他のことをやらせるわけにはいかない。

とおもっています。

昔は、就職=就社でした。 一生会社が面倒をみる

年功序列でだんだん給料を上げるから、若いうちはガンマンしろ

若いうちは、先輩のスキルをしっかり学びなさい。

どちらかといいますと、丁稚奉公的で製造業で作り方を

学ぶようなそんな時代の設計された制度会社はなりたっています。

スキルのある若い人をバーンと高い給料を払っちゃくうと

全体のバランス つまり 他の年をとった社員や

安い給料で働かしている若い社員との支給額でのバランスがくずれる

特に、年功序列的に我慢してきた、年寄りとの整合性が

壊れ、制度自体が崩れるため、変えたくても変えられない状態なのです。

次の理由:副業をつうじて、その人が稼げるようになり

会社をやめれることを恐れています。

その人の能力を使い切っていないことは、会社の

つまり、副業をして、人生を豊かにしたいと思う本人の

気持ちや人生は全く考慮されていないので、やっぱり副業は

やっちゃた方がいいと思いいます。

まずは、元手がかかず、いつでもやめれることから始める

どうせ年金だけじゃ たらないのですか

今のうちで、自分の稼ぎき方を研究する意味を考えて

最初は、もうけを気にせず

自分の可能性を探すくらいので気持ちで

副業やりましょう!