不幸な考え方



不幸な考え方


前回、少し前に 孤独はダメ と書きました。

少し前に孤独はダメ

孤独はだめ
  みなさん 孤独はだめといわれますがなぜだめか考えたことありませんか? 最近、一人で仕事をする機会が増えたのでこんなことを考え...

少し内容的にかぶるのですが、「人生ダメだ!」「全然良いことがない」

と思っている人に、書きます。

私も仕事の環境が変わって、うまく受注がとれず、当然売上もあがらない、

そんな毎日がありました。 今後もあるかもしれません。

暗く沈んだ毎日の中、気が付いたことがありました。

それは、暗い毎日の原因には、いくつかの内容がり、

その原因は、まだ起きていない想像や自分には分らない、

知らないことに対する不安が原因で作られていることに気が付きました。

具体的には、、、

①自分が作った仕事の形が作れない不安

 ・その形が作れないので仕事が取れない。

・例えば、仕事がとれたら、本当にできるのか?

②未来への漠然した恐怖 

みなさん、こんな状況なら普通にそのように思のではないでしょうか?

自信のある人なら、その時になればなんとかなる、

そのように考えることができるのでしょうが、私にはできませんでした。

もんもんとして、やや鬱っぽい状態にもなります。最悪でした。

そうなると、集中力もないし、楽しくないし、先に延ばしたくなるし

寝ていると不安にもなりました。

そんな毎日を過ごしている間に、友人からどんどんあれやって欲しいとか

これやって欲しいとかオーダーがきます。

あーもー限界、かんじて時に少し前に入れていた約束で、

昔一緒に仕事をしていた友人に会いました。

彼は、そろそろ次の会社へ進もうとしていました。

その次の会社も、10年前に私も一緒に仕事をしていた人でした。

その彼に、今の仕事の課題などを話ながら、何か一緒にできないかと

話をしていたところ、まさに、私の課題を解決できそうな内容でした。

また、その彼は多分私より苦労が多い分、腹も据わっており、

私にはない、技術がありました。

その頃からでした、頭の中が段々とクリアーになってきました。

ちょっとずつ不安がとれていきました。

そんな時、ある講演に言った時、一人でなんでもやろうと思ってもダメ

人の縁を大切にと言われました。

さらに、感謝の気持ちが足らないとも言われました。

感謝とは、人はついつい自分にとってのマイナスな部分に集中してしまいます。

感謝する姿勢で物事をみれば、プラスの部分がみえてきます。

例えば、仕事がない人から見れば、仕事がどんどん頼まれるって

そんなうらやましいことってないですね。

人は、自分にとって不都合な部分に注意がそそがれます。

その注意を良い部分に向けるかの姿勢が「感謝」です。

最初は感謝する姿勢でもなかなかみることができません。

でも、自分の課題を一人で考えず、みっともなくても

他の人に話をして、その言葉を聞いてください。

その時、批判的な気持ちで聞かず、如何に素直な気持ち

で聞くかがポイントになります。

もう一つ、不安になっている最大の理由は、自信がないことを

どのように具体的な方法でカバーするかってことが

ない自分に理由がありました。

それは、自分の中にある「せこい」部分

できるだけ、自分で多くとりたい、そんな考え方が根本にあるのが理由でした。


原因の大半は自分である。


外に答えを求めもみつからない。

なんでも独りはダメなり理由はそこから感じた内容です。

その時までの自分は、なんとか人うまく使ってやろうとか、

お金もうけようとか、自分の評価が上がれば良いとか

自分の利益ばかりを追っかけていました。

もっと言えば、仕事をどんどん頼んでくれている彼だって

仕事を頼んでくれている感謝から始まらないといけないのに

そんなことすら分からない自分でした。

人間本当にその環境にならないと分からない

自分一人で自分のことを変えるのは難しい、

だから、他人の力が必要、そらに世界に感謝つまりありがとう

問題は、解決すると一歩成長する。

そんなことを感じる素晴らしい人生を築けるようにするために

孤独にならなようにしましょう

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。