「当たり前」はもうこない



「当たり前」はもうこない


当たり前とは、人が一般的にそれはそのようなものだ

と認識する 前提のような考え方もしくは行動だと思われがちです。

 年明けの経営者の訓示で、ダーウインの進化論を企業経営に例え、

進化が必要だと言われ、「脱常識」「現状打破」や「進化論」

「当たり前」はもうこないと言われました。

いきなり上司に当たり前はもうこないといわれても。。。。。

当たり前とは常識みたいなもの、その会社の過去の経験・世の中の声・過去の判断の社風のようなものです。

つまり当たり前は来ないから、脱常識だ!

とは会社の社風を変えると言っているのと同じです。

 

「脱常識」とは、その話をしている、その人の積み上げてきた

実績を否定することになります。

 

 そんなこと、その人はそのことを許してくれるでしょうか?

きっと、わが社の歴史を否定するのか! と言われますよ

当たり前はもうこない、 脱常識を声高らかに言っている程、

「社風を大事に」 と言ってませんか?

わかっている人は、そんなことを言わずにどんどん構造改革を進めます。

我々はそんな人を信じないで、行動だけをみつめましょう!

実行している内容をみてみましょう。 

会社を変えるってことが、どんなものなのか?

脱常識とは、どんなことなのか?

行動だけを信じていきましょう。

言葉はまやかしです。

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください