仕事の評価基準


仕事の評価基準

 

サラリーマンの評価されるところはなんだろう成果と一般的にいわれますが成果ってなんだろうとおもいませんか?

 

 

本日の記事のテーマ

  • サラリーマンは何を評価されるているのか?
  • サラリーマンの評価基準

 

本日の内容

・成果を評価するはずの上司もあなたの評価をその上の上司から評価を
 受ける
・実際に評価を受けるあなた自身からみえない人から評価の仕組の説明です
                                           

 

上司は何を評価しているのか?

上司の上司となると、現在の現場の状況がどこまでみえているか

あなたの苦労や大変さがんばりがどこまで理解されているか? 

評価においてそんなことは関係ありません!
本当の成果とは、上司が動きやる環境を作ることです
「あなたの上司が期待すること それが成果です」

今のあなたの上司が何をのぞんでいるのか?

成果はあなたが決めるものでなないのですよ

あたなたがこれがいいってことはでなくて

時には、何もせず じっとすることが望まれることもまります

あなたの上司が期待すること それが成果です

 

 

人である上司が人を評価している

ここを勘違いしないようしてくださいね

上司は、神様じゃない 人なんです!

だから、たまに失敗した時、それは あんたが 決めたことでしょう!

と言われるとどんどん気が滅入る

ダメってわかっているのなら、その時に言え!

とつぶやきたくなるんですよ

神様じゃない! それが評価をする人なんです

だから、もっと上司の気持ちさっしてくれ!

評価はするよ! それが評価です

 

今日も最後までよんでくれてありがとうございます

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。