マイナス思考がダメな本当の理由



マイナス思考がダメな本当の理由


みなさん、マイナスが思考がダメだとはわかっていますが

なぜダメかしっていますか?

今回はその理由をあらためて書きます。

まずは、答えから

「マイナス思考」で物事を考える時、

これはダメ あれはダメ こんな理由だからダメ

と考えます。

人の考えることの量は、時間や量である程度制約を受けます。

一日は24時間 寝る時間は8時間程度 ただ マイナス思考の時は

ねても覚めても考えますから、多分20時間程度は、考えてします。

24時間のうち20時間 何も生まない時間に人生を使ってしまいます。

その間、何も将来のことに時間をかけることができず、過去のことに時間を

使ってしまいます。

何も生まない時間にです。

マイナス思考の一番の問題は、過去の自分にとって悪いことに

エネルギーを使い 今、将来に対処する時間も奪っていることです

あなたにとって、今の積み重ねが未来です。

その未来を作る 今も過去の悪いイメージい支配されることが

最大の問題なのです。

今・未来すべてが過去のマイナス思考で埋め尽くされてしまいます。

だからこそ、マイナス思考ではなく、

自分はどうなりたいか? どんな状態にしもっていきたいか?

そのことを考えることに時間を費やし、やりたいこと

自分の思うことで埋め尽くしてください。

その時、いきなりものすごい遠くのやりたいことではなく、すぐにできそうな事想像しましょう。

すぐにでもできそうな事。

それがコツ

あまり大きな事ではなく。

すぐに手が届く事

そんな事を想像しましょう。