成長に重点をおく



成長に重点におく


成果や成功ではなく、その成果や成功にいくための

努力や頑張りの過程で自分が成長していく過程をみる

成果や成功はその成長の結果である

また、自分の描く価値とその結果得られる対価は一致はしない

どうして? 自分が思う価値はあくまでも 自分が描く勝手な価値

相手がその価値をどのよに受け止めれるのか?

自分が思うよりも 小さいかもしれないし

自分が想像するようりももっと大きいかもしれない

そんなものです。

もっと軽く考えてみよう

自分にできそうなことで、おもいよもやらずこんなことをやってほしいと言われたら

是非、やってみてほしい

記憶より記録そのことも忘れないようしよう

記憶は、気持ちに影響されてしまうので、その時にどんな気持ちどんな判断をしたのか

正しいく記録しよう

わすれてはいけないのが、その時どのような判断をどのような理屈でおこなったか

そしてその結果はどうだったのか?

記録をする

成長の記録を自分で作る

何を考えて何をしたのか? なにが怖かったのか?

何ができないと思ったのか?

何がわからなくて不安だったのか?

あとから振りかえって、何が幻の恐怖で

何が解決したから

何が解決しなかったから

できたのか? できなかったのか?

しっかりと記録をしていく

そして、あとから見直して、自分の考え方を見直していく

そんな風に繰り返し、自分を見直していきましょう!