やりたい仕事の探し方



やりたい仕事の探し方


仕事をしてい、毎日生活をしていて、やりたいことがない

みなさんどうでしょうか?

やりたいこととは、どんなことでしょうか?

一つは、仕事中でやりたいこ

もう一つは、生きている中でやりたいことがあると思います。

みなさんはどうでしょうか?

仕事でやりたいことがないそんな人は、生きている上でのやりたいこがない

のではないでしょうか?


もっといえば、生きる動機が弱くなっていませんか?

結局 仕事をする動機が弱い!


やりたいことは、何か自分の動機があってやりたいこととなります。

結局、自分にとっての動機を理解できなければ

やりたいことなので見つかりません。

そんな自分動かす動機がない時、どのように考えるのて解決するか?

生きる動機は、戦後であれば生きるために飯を食う

そんな単純でかつ動物の本能のようなものが動機でした。

そのため、動機に理由はなくても、自分の動機として十分でした。

今は、食べることに困ることも少ない。

生きることが、自分の動機としてはなくなりました。

今は、もっと高尚な動機、社会のためや人類のため など

仕事を通じて貢献することが動機としてふさわしいらしい。

そんなことを動機として、仕事と通じてとかいわれても

見つからはずがない。


 そんな時代に、簡単に動機を、見つけるには?


答えは、理由がなくても、自分の動機を探すことです。

具体的には、「楽しいこと」 「うれしいこと」 「心がときめくこと」

少し下世話な例えをするならば、「美人な彼女」・「格好いい彼氏」が欲しい

その為には金がいる。稼ぐしかない! そんな動機を探してください


金を稼ぐのは、目的ではなく手段

そんなことを動機にしましょう。


今自分の動機が弱い、もしくは見つからないのは、

この手段を動機としようとして、自分の中にしっくりこない

そんな人が多いのだと思います。

もっと、車が欲しい、彼女を一杯作りたい、バックがほしい

もその理由になると思います。

燃え尽きた人は、車も手にに入れて、バックを持ってしまい

動機が薄れ時にやってきます。

今読んでいる人がそんな人ならばもっと、もっと下世話な

動機を探してください。

動機が簡単ではなく、弱いと人は行動に移すことができません。

生きるために、何かをする時は、理由なく行動できると思います。

人間は、そんなものなのです。

動機が見つからない人は、人間の本能・動物的な動機を

としてください。

あなたにとって、動機ではなく、動機を達成するため道具・手段を

動機としようとすると、頭は色々と考えても、

行動できない結果になるのだと思います。

格好いい動機ではなく、理由がなくても自分の気持ちが動きたくなる

そんなものを動機として探してください。

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。