Amazon workmail を使い始めた


Amazon workmail を使い始めた会社のメールをoffice365 から Amazon workmail に替えました

使ってみてからの問題点を追記しました。(2017年5月)

使い始めて、しばらく経つのですが、どんな環境で使っているか説明すると

・Windows 版outlook

・ ipad  標準メーラーとoutlook 

・iPhone 標準メーラーとoutlook 

・Android版outlook

・Andorid版では、Blackberry Hubも使っていますが、 手動の設定が必要です。

  amazon workmail の下記のサイトを参考にしてください

http://docs.aws.amazon.com/workmail/latest/userguide/manually_connect_device.html

・Mac は標準のメールソフトで、自動でサーバー設定を検索をして利用できるようになります

   スケジュールもmac のスケジュールにリンクされています。

※なお、2月19日時点でMac版OUTLOOKでは、Windows と同様

自動セットアップできると下記の通り発表になっているが設定はできない

amazon の発表から参照

Amazon WorkMail now supports a wider range of email client applications, including Microsoft Outlook 2016 for Mac and those that use the IMAP protocol

Posted On: Dec 28, 2016

https://aws.amazon.com/jp/about-aws/whats-new/2016/12/amazon-workmail-now-supports-a-wider-range-of-email-client-applications-including-microsoft-outlook-2016-for-mac-and-those-that-use-the-imap-protocol/

カレンダーもoutlookで、一括管理がようやくできるになったと思いましたが

設定でエラーとなるので、今しばらく待つこととします。

どうしても、mac 版outlookが使いたい方

受信はimap でメールが取得できます

但し、送信がサポートされていませんので、送信は Amazon SES を設定して

送信できました。

この際、残念ながらカレンダーはリンクできません。

SESは課金されますが、金額が非常に少額なのできになりません

ついでの情報ですが、Amazozn SESは、

利用開始時設定はが、sandbox となっているため

送信先が承認されたアドレスのみになっています。

sandbox から卒業するためには、amazonに申請してください

すぐに返信が来てその日のうちに卒業して、通常のメール送信ができるようになります。

ここからは、workmailを使い始めて、利用者から集めた問題点を書いています。 (2017年5月に5項目を追加)

1.amazon で買い物をした時に飛んでくるメールが文字化けする

2.amazon 以外にも日本語だとメール化ける (理由不明)

3.添付ファイルが日本語だと、ファイル名が化けてしますケースがある

4.Android 携帯で、メールの受信設定をしていると、なぜか電池の減りが

以上に激しく、データー量も増えます。

これは、amazon workmail が利用している Exchangeのバージョンに

よるものだとおもいます。

office365 と比べるとかなりの差がでます

 5.圧縮ファイルを添付をして、送信するとまれに、こちらは一通しか送っていなが

相手にはスパムメールのように何件も送っていることがある

対策は、自分送信済みフォルーダーから削除する これをやらないと

ずーと繰り返しメールを送っている

以上メモでした。