売上がなぜあがらないのか?


なぜ売上があがらないのか

営業マンに売上をもっとあげてこいとハッパをかける経営者がいる

正直不思議な光景だ

なぜ売上があがらないのか? が分かっていないことになる

 日頃の活動からお客様の声と自社の立ち位置が見えていれば

どのくらいの売上が見込めるのかわかるよのが経営者だが

その当りがみえないで「気合い」で数字があがるともっている

三菱自動車さん・東芝さんの出来事をみていると非常に不思議にみえる

売上はお客様がどれだけ、自社が魅力的な指標なだが

もう一つ、重要な指標を見落としている気がします。

それは、来客数 店舗なら実際にお客様が来店してくれた数

ネットならアクセスしてくれた数。

これは、かなずしても売上に直結はしていが、お客様が何か興味や楽しいと

思っていていることの証だ思う。

 別のいいかとをすると、あそこに仕事を頼んでもいい状態が仕事の依頼数であり

実際に仕事がとれなかったところをもっと強化すればより売上がありますが

そもそも技術があっても、仕事を頼みたいと思われなければ、どれだけ技術があっても

仕事の依頼はこない。

相手から選ればれるもしくは、たのみたいと思われる状況になって始めて売上に繋がる

昭和で右肩あがりの時代で仕事があふれている時代ではないので、お客様から選ばれる

条件が何なのか?その質問にしっかりと答えることができるようにしなければならない

 どれだけよい仕事ができても身なりの悪い営業マンにはなんとなく仕事を依頼したくない

大きなお客様だったら、他のグループで働いてい文句がなくよくやってくれるところだと

自然に仕事がやってくる。

自分達のお客様がだれで、その人達は何を基準に物事を考えいるのか?

そのあたりを理解して、選ばれている状態を作り、次に売上に繋がるにはどんなことを

すればいいのか? ひとつひとつ丁寧に考えて答えをみつけていきましょう

今日も最後までようんでくれてありがとうございます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。