納得される転職理由について


今回は転職をする際の転職理由について。

転職時の面接でなぜやめたのですか?

理由を聞かれてと思います。

会社を辞める時、自分の中の何かと会社の中の何かが

合わないため会社を辞める決断になりますよね。

その理由をそのまま言うと採用につながるケースはまれだと思います。

日本の企業文化として、採用すると余程の理由がない限り

首を切ることができません。

そのため、余程成長が著しい状態にない限り、採用は慎重になります

どのように慎重になるのか?

①採用した時にはよいが自分の部署に来た時、ややかしいことにならなないのか?

 チームにうまくなじめるのか?

②退職理由が問題ないか? 正当な理由なのか? 

上司がやだ 給料が安い など不満のような理由ではないのか?

③入社してすぐに退職されないのか?

 レジュメに短い経歴が多くないのか?

④レジュメに記載されているようなことが本当にできるのか?

⑤自分の会社で今アサインできそうもしくはやってもらうことがあるのか?

 現在、採用をかけている内容にふさわしいか?

⑥将来どんな風になってほしいのか? なれそうか?

⑦どんな人物なのか?①と重複するような感じです

 大まかに上記のような内容です。

さて、会社を辞める時 色々な理由がありますが

相手から見たらあなたの理由は正しい理由には聞こえません

会社の目指す何かと 私たちの何かのギャプがあるのですからね。

そこで、相手からみなさんの理由が「なるほど」「納得」となる

理由に変えていく必要があります。

どうすればいいのでしょうか? でも嘘のないようにです。

前提は、給与など待遇面は一番後の条件としなければなりません

特に日本の企業では・・・・

まず、退職のタイミングですが 役職をお持ちの方は

できれば、役職が下がるなど事前に分かっている場合は

変わる前に転職してください

その際の転職の理由はこうです。

「自分として、この方面で業績を拡大をするつもりで約責を担っていたが

会社としては、別の方向にすすむことがきまったので

だったらいままでの経験をより活かせる場所にいって

あらたな場所で貢献しながらより自己研鑽をして

新たな場所の一員として貢献したい」

こんあ理由が良いのではないかとおもいます。

それでは、役職が関係のない人はどうか?

例えば、技術職の場合、

会社の方針として、新しい開発はやめ営業に重点をおく方針となり

新規はやらないと方針になったので自らの成長と貢献できる

場所として将来はもっと新しい職の可能性を目指して

転職を決意した 

こんな理由がいいのではないでしょうか

営業系なら上記の逆のパターンで考えみてください

理由としては、自分が今いる会社が自分とは異なる

チームを優先する方針になった

自分は特に不要にはなっていないが

より貢献と成長を考えて転職をすることにした

こんな理由が良いのだと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございます。