転職は怖い。でも自分でしか選ない!


  


転職は怖い。でも自分でしか選ない!


でも、人生に責任て言われますが何を意味するかといえば、

私は選択を責任持って行うことえすよね。

でも、そんなことは分かっているができないののが、「選択」。

「選択」の一番問題になるのが、選択の結果何かを失う怖さ。

何を失うのが怖いのか?

それは 所得つまり「お金」が一番ですよね

お金はどこからくるのか?

もっとその「怖さ」を考えてみる

今ある現状の所得を失のが怖い。

今ある物を捨てると、将来はわからない

だから、多少見えている今の延長


労働と考えるの一般的、では、労働とは何か?


今後は、お金は 価値や何かの信頼の証として お金を払う

会社であれば、あなたはきっとこれくらいの価値を生み出してくれる

「信用」して対価を払いいます。

ですから、理屈から言えば、会社にいよういまいが「信用」が正しい

評価であれば、どこに行こうと変わらないんです。

 なんとなく、

例えば会社を変わった時に、少し給料が下がることがありますよね

それって何かと言えば、その「信用」が本当か?と思うからです。

以前、転職する際、できれば知り合いからの紹介がいいと言ったのは

知り合いは、既にあたの仕事ぶりなどを十分は「信用」→「信頼」する

状態まで進んでいるので、試されるようなことが必要ないからです。

では、あなたの信頼が「会社」の器をがあったのものか

そうでないのか?

残念ながら大半の場合、多かれ少なかれ会社の器を使た信頼は

あるとおもいます。

また、日本の組織は、まだまだ 長い時間いることによって昇級するシステムがあるので

長ければ長い程、給料が高くなって立場上にいても昇給のために役職があがった人も

いるので、役職の割りに仕事のできない人が多くいるのが日本の組織です。

日本の会社は、家族主義の延長で考えていので、自分の仕事は

「会社」があってのさらに「役職」があって「周りの優秀な人」があって

できることなのか? よく吟味することが必要でしょう。

その上で、自分の力に多少自信があるのであれば上にどうしようもない人で詰まっていて

その高い給料を維持するために、自分の時間・価値を犠牲にする位ならば

そんな人のために、昇進の機会を失い 所得が減るよりも

狭い、昇給の機会を得るためだけに社内で駆け引きをするよりも

「自分で」で「 自立して」自分で稼ぎを決めてそれを稼ぐ道を選ぶ。

今日も最後まで読んでくれてありがとうございます。