40歳を過ぎて転職の成功のこつ


 

成功したおじさん

40歳を過ぎて転職する人の成功のこつをかいてみます

最近転職した先で役に立つ人とそうでない人がきることに気がついた

具体的にいいますと、転職先で生き残り、役に立つ人は 経営者として企業の
トップになる人 このトップとは、社長やCEOのことで
部長や課長ではりません
 
それ以外の人は、転職先であまり大きな夢を描かない方がいい
特に、転職先が日本の会社であればある程にです。
 
その理由は、企業風土 と言う 目に見えない規則・基準・手続きがあり
さらに、価値感も既に存在し、それに基づいて企業活動がなされているので
大手にあるような、部長が偉く、何か指示すればその指示を受け取った
人がしっかりとやりきるような実力もありません
 
大手から、中小企業へ転職する時、このことがが理解されずにいるので
部下に言った通り、指示した通り 思い通り に なかなかならず
イライラします
そして、ついにて社員がダメなので結果がでない ってことに
なってしまいます。
 
でも、その思い通りって、転職先が目指してる姿と合致してますか?
また、進め方、1人相撲になっていませんか?
 
しっかりと、転職先の組織・人・設備など実力をみて取り組み
をしなければなりません
 
但し、改革やトップとして、新たな株主から指名されたケースは
全く別なのでこのことはまた、別の機会にかきます。
 
転職先に何を期待されていますか?
そのようなうまくいかない組織をいかにうまくできるようにすることを期待されいるのか?
できないことは、その会社にいる社長を含めてみんなよくわかっています
もしかしたら、分かっているけど、何がたらないのかわかっていないかもしれません
それをあなたに期待しているのかもしれませんね。
 
もし、なんでこんなことができないんだ?とおもっているのであれば
あなたは、悩むところを間違えているのかもしれません
 
今自分が見えている力は事実です。
その場所から、どのようにして 目指したいところへ導いていくか?
そこが悩むべきところだと思います。
 
そのことについて社長や上司と多いに話をもってみてください
 
転職で失敗する人は、転職して会社がかわり、環境が変わっているいるにも関わらず
前職と環境つまり 投資する金額・社員の持っている 技術 や 理解などを
同じ条件で考えいます
間違っているのは、自分であることに気づいていないんですね
 
 
ところで、その会社のありたい姿についてたまに、現場を見てから考え言う人もいますが
これも私は反対です。
それは、上でも書いたのですが、現場にあるのは今であり ありたい姿は将来です
ですからありたい姿つまり将来を書く時に今を見る必要はないんです。
将来の姿が決まり、さーやるぞ って時に今を確認するために
始めて現場をみてからとの言葉がでてもいいかと思います。
そもそも、だいたい将来像が今の延長とかけ離れたたこを依頼するようなことは
稀です。
このあたりは異論あるかもしれませんが
今日も最後まで読んでもらってありがとうございます。