中高年が転職に失敗しないために必要な考え方


転職活動

中高年が転職に失敗しないために必要な考え方

転職すれば給料があがる現状維持と考えますが

中高年が転職する人は、そんな簡単にいきません。


退職の理由①現在の企業で待遇があがらないから転職を考えている

     ②給料が低いから今のスキルを活かして転職を考えている

     ③給料は下がるが、今の持ってる技術をいかしたい

     ④転職で新しい自分をつくり、人生に幅をもたせる


 大半の人が① ②などを理由に転職を考えるのではないでしょうか?

 でもこのようなことは転職先でもうまくいかないと思います。

 理由は、40歳代で転職を受ける企業は、転職者に20代 30代の人とは

 異なる理由があります。 

 元気で動ける営業マン を40代の転職者に期待はしませんよね 

 それぞれの企業には、経験のある40代を採用したい特別な

 理由があります。

 そのためには、自分の理由よりも採用先の期待とそれに応えるものが

 自分の中にあるのかないかのかが 転職を成功するために重要なことです

 ですから、エントリーシートに色々かいていくとおは思いますが

 面談の時には、相手が何を期待しているのか? それを知るための

 確認をし、本当に自分とマッチするかどうかの判断をしなければ

 失敗します。

 待遇は、あなたの仕事に対する実績と期待ですが 転職先は

 実績は、絵空言に聞こえないように、どんなことをして 

 どんな実績がその結果をうみ、 その過程における課題や苦労解決策など

 を思い出し、紙に書き出して

 自分が何ができるのか? どんなシーンで

 その時にどんな条件があったからできたのかも思い出しておきましょう

 転職先でその条件が整わいことがおおいです。

 その理由は以前に書いた ↓のブログを参考にしてください

 40歳を過ぎてからの転職2(大企業と中小の違い)

40歳を過ぎてからの転職2(大企業と中小の違い)
前回 40歳を超えてからの転職についてかきましたが 転職における大手企業と中小企業の違いについて感じたこと もう少し書いてみ...

転職する際にエージェントのお世話になる方に対してですが

40歳を超えて、自分のリレーションで職探しができない人は

まずは自分の市場価値を確認してください

エージェントもビジネスとして高く買ってくれるところを

探して、提案をしてくれますが、それが自分にとって適切な

転職先かどうかわかりなせん

40歳となるたとすくなくとも 10年から15年は働いている方が多く

自分なりの価値感ができあがってしまっています。

エージェントは、スキル 仕事の考え方をきいてはくれますが

価値感のようなふんわりとしたことについては、理解できません

提案を受けてもなんとなくきにいらないって断るのではなく

価値感を言葉でしっかり伝えなければ、文句の多い人ってことで

提案がなくなってきます。


転職は、ビジネスなので、高く買ってくれるところを選んでもってきます

高く買ってくれれば、ビジネスの入りも多い

転職者も年収が高くていいでしょ と考えていると思います


転職には何を求めるのか? 転職をする側の自分が、その意味を明確に持っていないと

フラフラしてしまって、転職先は決まり 入社したけど「もんもん」とすることになります

この転職は良かったのか?転職先を間違えたのか? そんな思いが頭に浮かんできます。

何を求めて新たな場所へ転職または転社をするのか?

このブログでもかきましたが 本当の自分の目的をしっかりと探してください

「自分の人生」

自分の人生
本当の自分ですか?自分の人生生きていますか? 自分の人生ってなんですか? 毎日会社に行って 自分の上司をみれば自分のうまくい...

それが決まらないまま、今の職場・会社がなんとなく気に入らないから転職を決意ってことは

行った先でも同じことになります。

脱線したので、話を戻ると40歳を超えて仕事く従事してあなたが欲しいとか

一緒にやらないか?と言われない。話をする相手がいないとすると

厳しい言い方ですが、空っぽの仕事・当事者として仕事に向き合っていなかったかもしれません

当事者として仕事に向き合う考え方については下記の

陸上で活躍された為末さんのページを是非とも読んでください

とても考えさえることがあるので、他のページも読んでみるといいかもしれません

為末さんのブログ

「当事者になるつもりがない人」

http://tamesue.jp/blog/archives/think/20150921

当事者意識がやっぱりなかったなと思う人は、下記のステップでまず目の前の今持っている

取り組み直しをしてください


①仕事について、どんなことを求められているいるのか?

 仕事を頼んだ人に確かめるとこから始めください

②その仕事をどのようにやろうとしているのかを報告する

③意見を聞いて良いようならばやってみて、少しやってみた

 内容を報告し、フィードバックを受ける


この流れの中で自分の仕事に対する考え方と指摘を受けたことに感じたこと思ったことを

メモしてください

その中から

自分は何に対して不満がったのか? 

なにが間違っていたのか? 

相手の期待は何だったのか?

きっと見つかるはずです。

40歳を超えての転職は、簡単ではありません

転職先でやりたいことが必ずできるとも限りません

自分でたぐり寄せることが常に必要なのです

これをどのようにたぐり寄せるか?が重要なのでこれを忘れないようにしましょう

今日も最後までおよみくださってありがとうございました。