転職しても成功できるのか?


退職届け

転職して成功できるのか?

転職して成功と書くと転職必勝法のような内容と思われますが

今日の内容はちがいますので、それを期待しているのであれば

ごめんなさい

転職成功の前に自分の仕事のやり方と成功の定義を少し見返してみた

仕事を一生懸命やる 成果をだいして出世するそれが成功だ!

こんなことを考えていましたが

何年も仕事を一生懸命やってきて

がんばって やってきて

ふと振り返ってみて  そこそこの年収

とか色々とその時に作った自分なりの成功の定義に

かなり近づいたけど 何か満足できない

もっといえば  今 この瞬間 何かまだ 乾いている気持ちで

全然満足できない 何か足らないと 感じで一杯で

さらにまだ 何かやらないと と焦って 時間がない もっと何かやらなと

今日は、明日のために 何かをしなければと今日を犠牲にして

今日そして 今が幸せではない状態で乾いてる

何かが間違っている気がしてきた

私の場合、成功した状況の足下がぐらぐらしている感じがしてい

砂上の楼閣の上に乗っかているような感じでした。

せっかくついた役職を手放すの怖くて 自分ににとってマイナスのことや

知らないこと リスクに見えることが段々とできなくなってくる。

上司にごまをすってみたり、よいしょしてみたり さらに悪いことに

部下には良い報告しかききたくないような感じになったり

やばそうだとおもっても、自分からききにいかず

あえて報告するの待ってみるとか 器の小さいこをやっていた

ようするに落ちることがとても怖かった。

役職がさがることがとても怖かった。

役職があがると間接的つまり大半が人の報告を聞いた上のでの

想像でしか現場をみることができない

 部下も若いもしくは経験の浅い管理職ではなおさら心配になる。

きっと大半のサラリーマンってこんなことを思うのではないかと思います。

自分が描いた成功の定義ってなんだったのか?

段々とむなしくなることが多くなってくる。

そんなことは成功の定義ではないことにようやく気がつきます。

正しい成功の定義とは、自分のこころを一杯できることが成功の定義と考えてみると

なんだか全然違ったものだわかってきて、とても残念なきがしてます。

お金や役職は一過性のものです、成功とはもっと継続的な気持ちの状態のようなものではないかと思います。

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。

次回に続きたいと思います。