組織がダメになるには理由がある


上司と部下

組織がダメになるにはそれなりの理由がある。

経営者が社員がうまく育たないと嘆いているが

私は、違うと思う。

理由は簡単で、社員は、経営者の日頃の振る舞い・発言・行動を見て彼らが良かれと思った行動をとっています。

つまり、そのような社員になっているのは、なるべくしてなっている。

組織の中で、社員である自分達が生きるのびるための行動の結果であること

そして、これが十分に理解しないと、何も解決されない。

以前、ある経営者とよく話す機会があるコンサルタントがこんなことをいっていました。

会社を訪問した時、その会社の課題を聞かなくて結構わかるらしい

それは、会社の額縁に入っている 言葉が結構その会社の課題に

なっていることが多いそうだ

 例えば、社員の間でぎすぎすしている会社は 「全社員 和 を尊ぶ」

みたいになっているでそうです。

経営者になって、会社を運営すると知らず知らずのうちに

私は社長だ なんでも思い通りとなる と 思っていたり

なんか気に入らない とか思ってるいので、冷遇する

そんなことを一人の社員に向けて行なっていると

それを見た、他の社員もあーなったらなやだな と 

言われたことしがやらなくなる。

社長のプライドだったり 優越感だったり

個人的な満足を満たしているうちに会社全体がダメになるそうです。

 そもそもそのコンサルタントが呼ばれる時は、会社としては困った状態

もしくは自分達で解決できない状態になっているので

外部から人を呼んでなんとかしようと思っている時なので

そんな答えの見つけた方もあるのだと思います。

元に話をもどしましょう。

 例えば、会議が発言が少ない 意見が出ない

出ないのは、日頃の会議で常に社員の発言に対して、

意見を聴くことができていならからですね

では、聴くとは とはどんなことでしょうか?

聴くの意味は、相手の言わんとする事を理解しようとするってことです。

相手の置かれている現状 お客様や部下・パートナー の状態や

開発力などを含めてなにが本質的なことなのかを理解することです。

よく意見がでない会社の中を覗くと、 発言者に対して批判や

どこまで考えているのかを確認する為に なぜなぜになったり

発言者を追い詰めるような内容になってます。

 会社のメンバーなので、発言者のレベルって事前に分かっているので

そのあたりを読みながら進められる位の度量がないと

根本の問題は変わらないことをよく実感します。

 つまり、聴くことができない経営者の元では、組織はそのようになる

社員は社長の日頃の行動を見て感じ取った通りの行動をして、

冒頭の会話のように、指示を待つ

意見言わない、言われた通りになる。

少し長くなりましたが、社員や会社は、その組織のトップの生き写しです。

 最近伸びる会社と伸びない会社の違いを考えみたのですが

組織に所属するメンバー個々の力とそれを合わせた力を最大化

したいと思う経営者の日頃の発言との違いは歴然としている

自分の会社の力量を理解して、数字で引っ張るようなことをせず

事業の中身を見ながら必要な対応をとりながらビジネスを展開していく

今の時代、簡単に売り上げを上げる、スペースは大手がしっかりと

抑えているので、簡単には上がりません

自分の事業を次の事業などしっかりと見ながら社員と方向を

共有をしながら進めていかなと笛ふえど踊らずのようなことになる

かと思います。

しかし、原点は 社員は経営者の鏡であることを忘れているのではないだろうかと

自分の不出来を社員に転嫁しているのと同じなのです。

社長は、誰かの指導を受ける指摘を受ける機会が少ないので気づく機会が少ない

社長も上がりのポジションと考えず、コーチングを受けながら

自分も成長するんだとの意気込みが必要ですね

今日はここまで 最後前お読みいただきありがとうございました。