役職の交替タイミング


リーダー交替、係長の交替、課長の交代、

部長の交代そして社長の交代など、

マネジャーなどの交替する

タイミングはいつが良いか?

上司が部下に役職を譲ったり、異なるところから替わりの人がくるかも

しれません。

転職する際、誰に採用されるか? このことを考えた時、しっかりと

見極めていかないと、転職するばあい、決まってから入社するまでに

時間がありますので、転職した途端自分の上司が辞めてしますケースも

ありますのでよくキーパーソンを見極めてください

では、今日のテーマである、

中小企業でありがちな譲ろうとしていた人が、退職して次の人がいなくなったってこと

について書いていきます

そもそもなぜ、待っていればやってくる役職を蹴って退職するようなことが起こるのか?

簡単に言えば、後を任させる人が、そのタイミングを待てなくなったってこです。

この一番の原因は、譲る人と譲られる人とで、今だと思うタイミングが

双方でが異なる。

あるいは譲る側は、このあたりが区切りだと目標を決めていて、その状況への実現を

進めていきますが、その状況が譲られる側から見た時にどうでもいいことや

関心事ではない、または重要なことでないと思っている。

最悪なのは、今ある現状がその人からすると受け入れがたく

早くその状態を脱出したいので、さっさと替わってほしいのに、

譲られる側からみると粘っているようにみえる。

こんなケースではだいたい、譲られる部下などからは直接的には言いませんが

早くやらせて欲しいようなことが発信されていますが・・・・

それを先輩が無視して俺ががんばるみたいなことをやっていると

部下がその部下を引き連れて辞めてしまうケースが多いようです。

以上のように譲る側が親御心でやっていても、相手からは身勝手なゴールに見える場合は

うまくいきません。

そんな会社や組織は一気に機能しなくなり経営不振になります。

組織のローテーションがうまく行ってるケースは、下記のケースがうまくいきます

①多少いい加減な感じで、相手がまだまだ貫目もたらず、力量不足でうまくいくか

どうか分からんがあと頑張ってみたいな、感じでの席の明け渡し。

②価値感が完全に合意がとれており、実質的な権限の委譲をどんどんとしていき

あとは、役職名だけってかんじで引き渡し、まわりも本人も引き継がれている感じが

わいてい来るよな明け渡し。

結局、必要なのは譲る側の理屈ではなく、譲られる側の理屈をしっかり理解する必要がある

これができなければ大切な人材がいなくなりますので、あなたがもし、

譲る側であるのであれば勇気をもって、多少相手の未来も考えながら

気前よく自分の席を渡してあげてあなたは、別の世界を新たに作ってください

今日も最後まで読んでくれてありがとうとざいます。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。