企業の強みとなるたった1つのこと


企業の強みとは何か?

どの企業も様々なことを説明します

商品・サービス・日本・世界に拠点がりサービスがあるなど説明してくれます

継続に成長できる企業にみつけたたった一つのことがあります。

それはなんだたと思いますか?

それは、「伝承力」です

伝承力とはなにか?

どの企業でもある一時素晴らしい発明・サービスを通じて業績を伸ばしたり

光る時期があります。

でも、その光輝く時代を継続できる期間を継続できるかどうかは

その輝いた力を作った状態を維持できるかどうかにかかります

その輝いた時、会社の誰かもしくはチームが行ったことを

継続してできる状態を作れるかどうかです。

継続するには、別のチーム・後輩にその状態が再現できるように

引き継ぐことです。

だめな会社と伸びる会社の違いは、よい状態を再現できるかどうかの

違いです。

属人的にその人だけにとどめている会社であり

たまたまです 継続できません

では、継承できるとはどんなことでしょうか?

よくこの質問をするとドキュメント化する

と回答がありますが、残念ながらそれは伝承できません

継承は、人を通じて 考え方や判断 目的に向かってばらばらの人を

どのように一つの目標に向けてチームとしていくのか?

経験と体験を通じて継承されます。

この経験と体験を意図的に目的をもって引き継がれていくかが

鍵です。

現在の若い人は、報酬と責任が合意できる範囲が自らの仕事と

割り切っている人が多いと思いますが

自分にとって何かよいことがあると思ったり

何か成長できるようなことが理解できれば参加してくれます。

成長とは、機会とそのスキルを活かしできる場を通じて初めて

会得できます

知識とそれを試す機会を通じて自分のものになります

例えば、英語の単語をいくら勉強しても、それを話す機会がなければ

身につかないもしくは、忘れていくのと同じことだと思います。

最近の企業の教育は、この部分がすっぽり抜けて

お客様と接する最前線において、様々な経験や知識が引き継がれずに

マニュアルに書かれたことがやるべきことの全てになり

だんだんと表面的なことになっています。

そうするとだんだん仕事もやらさせて感いっぱいのつまらない

仕事になっていきます。

つまり、伝承する力は、人を育てることと同じ意味になります

人を育てるとは、リーダー研修とか経営ノウハウとなど

知識も必要ですが、その知識とともに現場で継承力を

作ることのできることと これを企業の文化となるところまで

することがひつようです

成長できる会社は、経営者がそのことを理解して

意図的にこの継承をうまくやります

だめな経営者は、このことを理解せず

役職だけ与えてなんとかしろ的になり

そんな役職者が上にいるチームは

リーダーが役職だけがリーダーの証なので

尊敬も結束力ないチームです1。

欧米系の組織と異なり、日本の企業の強いはとはこの伝承力に

あるにも関わらず、忘れれているのではないでしょうか?

 よいところは、しっかりと学び、強さは磨く

最後まで読んでもらってありがとうございます。