経営者よ社員に行動と実績を見せてくれ


ceo

経営者はよく、社員に「行動と実績を示せ、それが証・重要だ!」と話をするが

経営者は、社員に行動と実績を見せているのか?

こんな素朴な疑問をもちませんか?

マクドナルドのCEOだった 原田さんは、社員とのミーティングで

何が一番重要か? との問いかけに プロセスや優先順位など上がるなが

「結果を出すこと」 お答えになっていました。

同じような話が 日本交通 社長 川鍋社長のお話があります

参考までにリンクを貼らさせていただきます

「重要なことよりも、結果が出ることをやれ」 日本交通・三代目社長が、1900億円返済の過程で得た経営哲学とは?

ようするに、トップとして信任を得るには、大きい小さいは別として

結果を出すことがとても重要なことだと言っています。

役職に就いた目的を考えると当然といえば、当然ですが。

組織が大きくなり、役割が明確になっていく中で なんとなく役職に就いた人は

この辺りが理解されていない人が自分の存在意義をアピールするために行うこととです。

 こんな人が役職に着くと、自分がわからないことや知らないことは、

大丈夫なのか? 責任が取れない? など 受け取り拒否をします

これを繰り返されると 新しいことは 提案されず 今ある延長・似たことばかり

自分以外の他の人は、自分を引き立てるための道具程度です。

社内の風景が変わらない 新しことをやなり保守的な人ばかりになります。

 お年を重ねた方に聞くと、あとすこすなのでそんなに頑張らず

今のままでいいよとそんなお声も聞きます。

こんな自分が変わることを拒みながら、将来の若手の発想とビジネスチャンスを

潰していく人が多数を占めると

東電 シャープ sony M自動車など まさかと思われるような事態になります

昭和から平成になりどこの企業も様々ひづみを抱えていますが

うまく解決できるところ できないところの差は、経営者だと思います。

 例えば、携帯のソフバンクモバイルは、かつて別の外資系の傘下で

ジリ貧でしたが経営者が変わり復活しました。

ある意味会社のブランドよりも経営者の時代になったのかもしれません

 そんな時代だからこそ自分自身で選んで幸せになって行きませんか?

との思いです。

このブログお伝えしたいことは、人任せの人生ではなく

自分の人生を主体的に生きていきましょう ってことを主題にしてます。

転職の話題もそうですが、過去良い会社 今良い会社が将来よいとは

約束されていません

その時、その時 自分の人生を選ぶように、会社も仕事も選び

一番幸せな人生を選べるようにしましょう っと思いますで書いています。

少し、むちゃくちゃなロジックですが、今の会社は 昔の大家族主義のような

ものではありあせん。特に大企業は沢山いる社員1人1人を幸せにできる程

余裕がなくなっています。

前回のブログにも書きましたが、大半の組織はまだまだ、できる人が決めるので

弱者に少し厳しめです。

また、話はもどりますが、昭和から平成になり 東電 シャープ sony

M自動車など

まさかと思う企業が人員削減や子会社の売却など ライバル企業の傘下入りを決断しており

その中にいる社員の人達も、まさか の人生です。

平成は、個人の時代と言わていますが いまでの大企業は安泰とは

いかない時代です。

「会社を信じて頑張ってきたのに」こんな言葉で言わずにすむようにしましょう。

そのためにも自分で稼げる 自分で主体的に人生と仕事を選ぶ

そんなことができるようになることが重要だと考えいます。

仕事を選ぶことは、大半の人は転職と思いが浮かぶと思います

その転職をいかにうまくできるか? 

やっぱり重要なことだと思います。

若い人の転職は、会社側からみれば ワークロードの充足的な位置づけですが

中高年の転職は、単なるワークロードの補充的な意味ではく、ある程度何か

意図があっての採用なので、是非私の経験をみなさんに読んでもらいたいと

思います。

ここから少し体験談ですが、実は私 あまり頭がよくないんです

まーここに書いてる文書読んでもらうと分かると思いますが。。。

少しだけ、結果を出すこつをお話をしますと、できるだけ小さいことで

かつ短い時間で結果がだせることから着手します。

(できる人は、きっと大きいなことからやるかと思いますが)

なぜか? まず大きな仕事は知らない組織にくと誰がどんな

仕事をしてくれるのか分からない 状態です

それ故、自分とあと1人くらいで簡単に結果を出すことからやります

その間に社内の色々な人を観察しながら、人となり見極めます

ポイントは、結果を出せそうな人か?です

仕事のできるできないのポイントはみさんあるでしょうが

最後までやりき、結果を出すところまで付き合ってくれるかどうか?

結果の大小に関わらず、最後までやってくれる人が信頼を作れる人です。

プロセスがしっかりした人なら尚更いいですが、自分と他人では

やり方もすこすずつ違うのある程度方針があってればいいくらいで

割り切って、結果を出す信頼できる人と繋がって行きましょう