社員が経営者目線で考るとはなにを考えることなのか?


経営目線

社員が経営者目線で考るとはなにを考えることなのか?

会社の上司が時々、社員に対して経営目線で考えろと!

といいますが 本当にそれは正しいのか?

言われ部下は、無視するか ふてくされる場合が多いですよね

さて、この指示は一見正しいように思われるが、

できないことを言っているのではないかと思う。

言われた人は本当に理解をしているのだろうか?

 まず、経営目線が意味することはなんなのか?

おそらく想像ですか? 言ってる方も実は意味が正確に

理解できていない。

 理由は簡単です。経営の意味することは非常に範囲で

財務や人事・営業など会社の運営上必要なことが全て含まれています。

 さらに、この言葉をぶつけられている人は、一般社員のが大半で

そもそも経営って何をするのかそんなことは分かっていない

組織の中で経営が分かっている人が、役職を得て出世する仕組みなのだから

 そもそもほとんどの人が分かっている人がいるわけがありませんね。

一般社員は、目の前のせっぱつまったことで、目線はいっぱいでなんとか今を

やり過ごしたいと思っていますよね

とはいは、出世のためにはどんな意図があるのかを理解する必要はありますね

経営目線を持てと言う時の上司の内心はどんなことを思っているのか?

よくよく考えて見ると、この言葉を上司が放つ時は、仕事上の問題がある時が多い

例えば、営業上の判断が間違って、失注をした時など判断が間違った時が多いと思います。

 結局その判断によって得られないビジネス上の不利益を指して

なぜそのような判断をしたのか?と言うケースと

 または、なにか取り組みをしている時、時間軸や短いビジネススコープなどがあっておらず

低いため、やっぱり得られるものが少ない こんなケースだと思います。

結局 売上・利益の期待値とのギャップです。

そのギャップって何から生まれてくるのでしょうか?

自分の中でこんな感じですすめれば良いと 思っていませんでしたか?

そうなんです、上司も自分の中でこんな感じ とある程度想像をしていて

あたながやることに対して、ある程度 ゴールを設定しています

そのゴールがあなたのゴールと近く上司として許容できる範囲であれば

そんな怒り方されません。

 そうなんです。上司のゴールの確認不足なんです。

交渉の際は、自分がなにをどのあたりまで任されているのかも確認しておきましょう

中には、上司自身の見えだったり 名誉欲のような場合もあります

上司もあなたと同じ人の子です。

伝えきれないこともありますので細かく確認する中で、上司の本意がどこにあるのか

想像をして見ましょう

役職が上になればなるほど、褒められることが少なくなくなります

やって当然 できて当然な役職です。

そんな上司を気持ちよく仕事をしてもらう もっといえば 

「あなたと仕事をすると気持ちがいい」 と思ってもらえれば

仕事の質が多少劣っていても円滑に気持ちよくできるあなたに

チャンスが巡ってきます。

繰り返しますが、上司も人の子です

仕事ができるけど、自分だけを通す人って 若いうちは特に道がふさがれます

その時が来るまで 爪を隠してください

組織では、上に行かないと何も意見が通すことができないことが大半です

これをここまで読んでいて、なんだよ「おべっか」使えってことかとお思いでしょう

ある意味そうかもしれません。

でも、あなたが営業などでお客さんに対して 「おべっか」使いますよね

社内でそれができない人が、社外でできた人ほとんど見たことがありません

上司もある程度あなたの結果に対して責任を取る必要がある

だから、あなたの行なっていることに対して色々と口出しもするし

結果がこのようになってほしいとも考え、それを想定といる

仮に結果が想定と異なるようなことが発生しているならば

早く、兆しの小さいうちに報告が欲しい

ちいさいうちならば、手も打てるしダメだった場合の

対処もまた行える。

私が考えるのは、このような言葉を言われないようにする

ってことが一番正しい行動として以上のような考えと行動かと思います

言われわからない 無視する では未来は開けません

一度考えみてくだし

今日も最後まで読んでもらってありがとう