上司には部下のできない理由が、見えていないからおきること


sigotodekiru

上司には部下のできない理由が、見えていないからおきること

部下にはなぜできないのか?この理由が上司になぜわからないのか?

これがわからなければ、会社の組織運営はうまくいかない

先日酒の席で、こんな話題を聞かされた

もともと ある事故があったらしいのだが それが起きた時

周りに沢山課長クラスがいたにもかかわらず だれも自分の担当では

ないから、部長さんに連絡するにとどまったことが発端で結構なさわぎになったとのこと

事故自体が問題なのではく、その後の会議でのでききごた今日の話題の発端です

上司:「なぜ、周りにいるのに 部長が行くまで誰も手をうたないのか?」

って話になったそうだ。

その時、その上司は曰く:

「 役責者として、自分がなんとかしようとか そんな気持ちがないのか? 」

のような話をなったらしい

確かに、普通に考えると何かと動きそうなもんだが

あまり積極的に動かなかったらしい

一応、その場にいた一人が部長さんには連絡したとのことでしたが、その程度。

そもそもなぜこの会社、やった方が良いことがやらない OR やれない状態になったのか?

この会社は過去、自分の担当外のことをやった時に

すごく 指摘をうけたそうだ 「なぜなぜ攻撃」「どうして勝手にやってのか?」

言われた課長さん達は、そもそも 何をやって良くて  何をやってはいけないのか?

全く判断の基準が分からなくて、だんだん 自分の担当を超えないようになったらしい。

ちなみに部長以上の人は、会議ではやんやん言うけど、 お客様のところや、

最前線に気張ってくれるわけでなく、飲み食いに行くだけらしく期待できない状態らしい。

きっと上には上の考えがあるのでしょうが、今の状態がこれでは、正しいとはいえない。

これを聞いてて思ったのは、マインドがあるとかないとかではなく

ある程度 みんな 常識的にやった方が良いと思っていることがあるけど

動けなくしている最大に理由はなんだろうと考えると

それは「なぜできないとのか?そんな気持ちがないのか? 」

言ってる人達にあるような気がしてきた

昔から、会社の社員の姿は経営者のまさに 影 ですからね

ではどんなのところに問題があるのか?

まず、この会社は部長以上は、現場にあまり入りこんでこないので、

現場の課長で解決しずらいことを理解して、それを解決へ導く人がいない

良くできている会社は、同じ役職でもその中で序列があって筆頭みたいな人いて、

ある程度のところまでは解決できるし、コンセンサスも作っていける

ここではやらなくちゃとこれはダメだよね ってこともやれる これが「現場力」

この会社は、日頃から現場力を出すための仕組みがないので、

何かあった時に「ない」ことが露呈しただけ。

組織の人は、日頃から現場力を作るとか、練習をしておかないと動けない

それがないと、見て見ぬふりとか、軽くさらっと みたいな感じでアリバイ作利程度しか

やらないので、今回の話みたいなことに繋がっていくんだと思います。

では、現場力ってどのようにつくっていくのか?

具体的には、ある程度の同じ役職者の中で、序列をつけておかないと何かあった時、

その序列の上から順番にリーダーシップをとってもらう準備が日頃からしておくところが

現場力がある会社とない会社の違いになってくる。

同じ課長同士や 担当同士で 年次が上だけでは ビジネスの正しい判断ができるわけでないし

その時にいきなり 年齢があるからって、私がやります ってことには ならない

だから 、日頃から 同じ役職同士でも この人が1番、次はこの人って見せつける必要がある

こんなこと簡単とか、いやいやルールを決めとけばいいと思うあもしれませんが

事細かにルールを決めすると、それ以上でもそれ以外の動きがしなくなり

結局同じような結果を招きます。

こんな簡単なことががなぜできていないかと考えると

だいだい役職につく人って 仕事ができてリーダーシップの強い人だから

何かあった時は、自分が動いて解決してきた人が多い。

そのような行動する人だから上司から信頼がある人だった思います。

でも、その時より会社の規模も大きくそして、ビジネスも複雑で

規模が大きくなった分、課長さんとかレベルは、大半が普通の人で構成されていてる

優秀な人の能力に頼った組織運営のままだと、できない部分を気持ちでがないからとなる

その結果、だんだんこの会社のように機能不全になっていきます。

最近経営者の話で、人材がいないといってるけど

これも人材がいない状態を作ったのは そのいないって人なんだなとおもう

例えば、お金の使い方とか聞いてると、上司が課長職に決済した

時とはくらべもにならないくらいから小さい金額しか任せていない

人の采配も、結局任されているようで、ある人の時だけ

やたらしゃしゃりでてきて 使い方が いいと 悪いとか

言ったりするそうです。自分は何を任されているのか?

やっぱりだんだんわからなくなる

そうなると、どうなるか やっぱり人は、面倒だから

いまある状態をきーぷするだけになる

いまある形って、1番上 もしくは2番目くらいにいる人が

1番力を発揮してきて 自分たちが コントール しやすい

形をイメージしている会社だと

部下にいる人が、できる人は少ないから、

できない人に合わせて運営を考えることが必要です。

序列の話を例にすると 、その人達はずーと1番 2番目きたから

その他の人達を意識することなく仕事をしていたけど

今後は、自分ではに普通の人達を使おうとした時に

気持ちとやる気 マインドのような話をするのだと思います

自分にはマインドがあったからできたら。。。。

でもマインドの強さは人それぞれ違っていて

できていない現実が目の前にあって

それを解決することを気持ちのような 属人的に人に任せてところに危機がある

最近、業績が良い時の方が社長になって不祥事になっているけど

そんな人達って 自分の会社の実力が見えていないなーって思います

数字ばかりいってるけど、数字を作るために必要なことに手を

抜いて いる そんな感じがします

今日も最後まで読んでいただきましてありがとうございます。