管理職の調整とはどんなことですか?


 説明する上司

管理職特に中間管理職における調整とはどんなことでしょうか?

若い人からこのようなことを時々聞かれます。

時には、調整ごとなんて必要なんですか?

だから、管理職になりたくないのです

無駄なことのようにしかみえません そんなことを言われます

今回、そんなこと言われた時、なんと答えますか?

私が答えている内容を回答します

調整は、みなさん(このケースだと 必要なんですか?と聞いた人達)

が、今担当している仕事がこの先進めるにあたり 滞りのないように

先の道をならす仕事です。

仮に私達がその「調整」を行わなければ、担当している作業以外に

進むるために想定していない課題を自ら取り除く必要がある

例えば、自分より役職が上の異なる部署の上司から何らかの

合意 例えばそれは生産部門かもしれないし、本来ならばもっと先に進めた後に

会議で決めるべきことだったとしても、その会議で「いきなり言われてもわからないので

対応できるかどうかは検討します」と言われて時間が過ぎていってしまします。

そんなことがないように円滑に進めるためには、

事前にこんな内容で行けるかどうかを打診ぐらいはするものです。

そんなことも所謂 調整事の部類です。

つまり調整事とは、仕事がうまくいくためにあらゆることをやることです。

ここで理解をしないといけないのが、担当者の仕事を上司の仕事(調整)の

質の違いではないこと考えています。

仕事は一般的には、上司から部下に任せる範囲を決めて渡されます

この時、既に担当者ができる範囲と見える風景は決めれているます

もっと言えば、任せる範囲は 作業い近く イメージしやすい内容になっています。

かたや上司側に残る仕事は、その仕事を通じて達成したい目的を達成に導くこと

の大半が残るります。達成責任です。

担当者からは、この仕事の質の違いがみえていなので 「そんな調整必要なんですか?」

となります。 この言葉を言う人は、作業者発想なので意味をしっかりと伝えてあげましょう

そしないと、いつまでもたっても作業者から卒業できません。

今日はここまでです

最後まで読んでくれてありがとうございました。