変化についていけない本当の理由


仕事でも、ビジネスでも変化についていけない本当の理由

みなさんその理由、知りたですよね

そもそも変化とは何か?その定義を持つことがなければうまくいきません

変化ってみなさんはどのように考えていますか?

変化とは、その人にとって感覚的なものなのでそれに気が付かなければ変化と認識できません。

変化と分かっいても、あまりにも大きい変化だと認めることを

拒否して、こんなことは長続きしない、時間が経てば元に戻る。

そんな風に考えてしまうこともあります。

変化に対応するには、気が付くことができかつその変化を受け入れる 

認めることができなければ、対応に対応できない。

変化についていけな理由は、変化を感覚的なものにしていることが

大きな理由です。

それでは、変化をいかに認識するのか?

ポイントは、感覚をいかに見える化するかです。

見える化とは、数字化することが一番良い方法だと思います。

例えば、飲食店では、男性を1 女性を2さらに 年齢を大まか10歳位で分けて

どんなお客様が来店されてたかみています。

最近はやりの、データー分析のようなものかもしれませんが

変化を数字化するといますとなんだろうと思うかもしれませんが

まずは、自分帰宅時間や仕事の中身などでもいいので

過ごした時間と仕事の中身の関係などを数字化してみて

自分の変化をまずは数字化して練習してみてください

意外な発見があるかもしれせん

意外とは、こんなところをに凄い時間を知らず知らずの間に使って

いたってことに気が付きます。継続して記録をしていればその変化を

数字として確認することができます。

iPhone アプリならこんなのがあります。「aTimeLogger」 行動のログソフトです。

aTimeLogger

https://itunes.apple.com/jp/app/atimelogger/id358979305?mt=8

本題に戻ります。

つまり、自分一番重要なことをまずは、見える化することで

この変化を数字として認識することができます。

さらに、その数字の変化する経過をみてみればそれが

今後どのようになっていいくが想像でき、変化を受け入れる

ことにつながります。

例えば、この下にあるグラフをみてここから先大きく上がると想像する人はほとんどいないと

思います。

数字化してグラフにすればなお、変化を認識できます

変化を感覚から見える化するとことが変化に認識して

対応するきっかけも作れます。

みなさん、是非やってみてください。

今日も最後まで読んていただきましてありがとうございます。