なりたい自分になる


jibunjishinn

なりたい自分になる 本当の自分とは?

先日、小林麻央さんが ブログの一番はじめタイトルが 「なりたい 自分になる」 でした

彼女は、自分思いを書き始めた理由を彼女のページでつづっています。

http://ameblo.jp/maokobayashi0721/page-5.html

思いの強さと環境の変化が彼女の本心を突き動かしたのかもしれません

ここからはあたなの番です

今やりたいことがある人は、もう一度 やりたことを紙に書き出してください

それが、なんでもいいです

そして、なぜできないか?は考えずに 最初に書いた内容に対して

情報を徹底的に集めてください。 最低 10日 そして 情報の数は最低10個集めてください

次にその10個を簡単な順番に並べ替えてください

そして、それぞの項目に対して、いつまでにやるのかを日付を入れてください

次に、リストに挙げた一番簡単なものをさらに簡単にやれないか考えます

合わせて、細かい動作に分解します

例えば、新規の顧客をとるなら 顧客リストを買う 買うのはどこから そして 順番にやっていきます

やっているうちに、段々それが自分がそれに慣れてきて そのことに詳しくなっていき

スピードが上がってきて、最初はこんなことができないと思ってい世界に自分がどっぷりとつかっています

なぜ、小林さんのブログ記事から、こんなことを書き出しだしたか?

こんなhなしがあります。

会社の先輩が、将来退職したら渓流で釣り三昧をするんで、

対象するまで我慢するんだ って といて仕事を頑張って

役員になりました。

役員になっても忙がしく働いて、釣りなんて当然いけません

そんな中ようやく退任して、いざ渓流釣りにいってみると

山を歩くのは、足がうごかない

川の中に入っても、流の中には立てない 好きでない仕事に

勤しんでいる間に筋肉がすっかり衰えて夢を叶えたその時が

来た時、夢が実現できない自分になっていましました。

これを聞いた時に、その時とは 「今」その時が来るのを待つな

そのことをに気がつかされ こんなブログを始めました


なりたい自分になり、やりたいことをやる

こんな条件がくれば こんな時になれば始める

と思っているなら、今がその時です

100%の条件が整うことはありません

常に状況は変化します

自分が思うその時は、なかなかやってきません

やってみたいと思ったその時が始める時です


やってみたら、あーこんなもんかと思うかもしれません

思ったよりも対辺だ となるかもしれません

それも含めて、やってみて初めてわかります

やってみると、自分できることできる自信が

ついてきます

やってみてください

最後までおよみくださってありがとうございます